•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

偽microSDメモリーカードの見破り方

【偽造SDカードを使うとこうなる】ラインナップにない容量のモデルを確認! マトモに使えないので注意せよ

私は、基本的にこう言う系はAmazonで購入しているのですが、時々、「kOnozamA(このザマ)」に引っかかる時があります。
(知っていてわざと引っかかって、このブログで啓発記事を書いたこともあります。USBメモリだったかな。)


今では、microSDメモリーカードを購入する時は信頼出来るメーカーからしか購入しませんが、相変わらずAmazonやメルカリやヤフオクでは、容量偽装をした偽物が出品されているケースが少なくありません。
Amazonの場合は、カスタマーに連絡して返品手続きをすれば返金されるのですが、メルカリやヤフオクではちょっと厄介です。
ましてや、Amazonで騙されてそれをメルカリやヤフオクで転売するとなると、貴方のアカウントに傷を付けるだけでなく詐欺や商法に関する罪等で逮捕される可能性があります。
なので、この手のものは記事にも書いてある通り確認が必要です。
市場価格より異様に安いメモリカード(5,000円前後で売られているモノが1,000円とか)は、「まず詐欺!」と言っても過言ではありません。
Amazonの場合、ピンキリなので価格調査が難しいのですが、そう言うときは、kakaku.comで検索ボックスに、「microSD ○○GB」と入力して検索すれば、だいたいの値段が分かると思います。
また、これもAmazonですけれど、「マーケットプレイス」と書かれている商品は、返品が困難になるだけではなく、個人情報が抜き去られる可能性がありますので。
(食料品はそうでもないけれど。)


安く手に入れたいのは人の心理ですが、詐欺たちはそこを狙っているワケなので、騙されないようにしましょう。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (22人)
Posted by いぐぅ 18:00 | ハードウェア | comments (0) | trackback (0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://www.sir-2.net/dablg/tb.php/8261
トラックバック

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28