•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

2ヶ月連続城崎温泉=長いぞ=

はい。先月行って来たばかりなのに、また行ってきました(笑)
何でそんなに何回も行くのか?
そりゃぁ、JR西日本がこう言う企画きっぷを出すからですよ(笑)

プラス城崎きっぷ


・通算2回で最大4名まで
・4/20時点で有効定期券を持っている事
・キャンペーンボタンに参加している事
・1人当たり往復5000円の指定席特急券


なんて、使わないと損じゃないかと思いましてね。
普通に買うとお得な会員でも片道これくらいするんですよ。
大阪~城崎温泉の御値段

片道正規料金以下の金額で往復いけちゃうんですよ。
また、おとなび早得きっぷの料金よりもちょっと高い金額で往復いけちゃうんですよ。
JR西日本も多数の赤字路線を抱えている事もあり応援したい気持ちもありまして。
更に今は、県民割で宿泊費用が1人当たり5000円引きで2000円分のクーポン券。

4000円分のクーポン


こんなの使わないと勿体ないでしょ。
来月になると、公共交通機関を使うと8000円引きに増額。ただしクーポン券は平日3000円、休日1000円に減額。お盆は除く。
と言うキャンペーンを予定していて、来月も近場に行こうと計画中です(苦笑)


前回は、相方の都合でお昼ごはんを食べてからの移動だったので、観光らしい観光はしませんでした。
ただ、外湯巡りを2箇所制覇!あと4箇所で全制覇になります。
と言う事で、今回は私都合で相方の仕事予定を変えてもらい、朝から行く事になりました。

こうのとり5号城崎温泉行き

今日は一部グリーン車となっている車両をネットで席指定。
早めの予約だったので難なく取る事が出来ました。

こうのとり5号城崎温泉行き入線


こうのとり5号城崎温泉行きの車両は、私のあまり好きじゃないフェイス車両でした。
今回の旅は順調。
福知山駅にて停車中
豊岡駅


福知山駅できのさき号との待ち合わせで、程々に乗ってこられたようです。
何だかんだと車窓を楽しみながら、時刻どおりに到着。
城崎温泉駅到着
折り返し特急


けっこうなお客さんが降りてきて、私のような人が電車に向けてカメラを取っていました(笑)
さて、着いたのは昼過ぎ。チェックインにはまだ早すぎるのですが、私の行きたいところがありました。
それは、城崎温泉ロープウェイ
城崎マリンワールドは前々回に行ったのですが、ロープウェイはまだない!
徒歩で行くかと考えたのですが、いかんせん相方の足が悪い。
それに荷物が私と違って多いので大変な事になる。


って、ちゃんとチェックしていたんですよ。
城崎温泉観光センターと言うのがありましてね。
ここで旅行会社からクーポン券をもらうとタダ、そうじゃ無い人は200円で加盟している旅館に荷物を運んでくれるんですよ。
こんなサービス使わないとダメっしょ。
それで、早速預けてもらい、イザ出発しようと考えたのですが、バスの本数も少なくもう一度思案。
再度、城崎温泉観光センターのお姉さんに聞いてみたところ、なんと迎えに来てくれるとの事!
これにはビックリしました。
しかも、タダ!
ただし、行きだけで帰りは各自でお帰りください。との事。
距離的に半分なので楽勝!
と言う事でお願いする事にしました。
オマケに50円の割引乗車券までもいただいた!
なんて便利なんだ観光センター。

ここでちょっと脱線しますが、昔、親友と思いつきで輪島までドライブ旅行したんですよ。
そこで、泊まる旅館が分からなくて観光センターに相談したら、格安素泊まりだったかで探してもらえたんですよ。
ネットが普及していても、こうしたアナログ的な事までは、現地に行って相談してみないと分からない。
ましてや、送迎までしてくれるなんてそこで聞かないと得られない情報なんですよ。
なので、地域の観光センターは、困ったときに絶対行くべきです。
営業終了時間が早いのがちょっと残念ですが・・・

んで、十分足らずでワゴン車が到着。
早速乗り込んで5分弱で到着。
しかし、そこから階段でひたすら上る。
私は平気だったが、相方は息が上がっていた。

城崎温泉ロープウェイ山麓駅

ここで発車時間を待つ。
20分おきに発車するみたいなのでちょうど行って5分経っていたので暫くエアコンの効いた待合室で休憩。
往復乗車券を購入。
相方は割引券を使い、私は障がい者手帳電子版を見せて購入。
PayPayが使えたので、迷うことなく使った(笑)


時間になって案内されたんですが、続々と来るわ来るわであっと言う間に満員。先頭も後方も位置が取れずに私が車内から撮影したのはこれが限界でした(笑)

城崎温泉ロープウェイの中


7分ほど乗車して途中中間駅があって、そこで降りる人は地元の小学生かな?位でした。
頂上について相方は更に上に行く事を拒み、仕方なく一人で行く事に。
絶景でした。

山頂の風景1
山頂の風景2
山頂の風景3


そして暫くカフェでアイスと飲み物で休憩。こちらもエアコンが効いていて快適でした。
ここでもPayPayが使えた。
凄いな。PayPay経済圏。
涼んでいる間、なんか20分おきに来るはずのロープウェイが、臨時便を何度も出す案内が出ていて、結構繁盛しているのかな?
なんて思うと、ちょっと安心したりする私でした。


1時間ほど滞在して下山。
行きはロープウェイの事ばかりが頭にあったので気付かなかったのですが、こう言う案内板がありました。

城崎温泉ロープウェイ案内板

今度来たときは、中間駅で降りてそこから徒歩で下山してみたいなぁ。と思うのでした。
階段で降りたら先の広場には、こんなのがありました。

城崎温泉元湯城崎温泉薬師源泉


ここからお湯が沸いて出てきているのか。
凄いな。
しかも、81度というのだから熱すぎる。
豊岡が高温になるのはこれのせいじゃないのか(笑)


10分ちょいほど歩いて旅館に向かう。
けっこうな町並みで、それはもうマンガやアニメで出てくるような風景だ。
射的とか古いパチンコ台があって、「うわぁ、やりてぇ~」と思う位昭和感満載の町並みです。
今回は、そう言う所には寄りませんでしたが、次回は是非とも寄ってプレイしてみたいですね(^^)


というまに旅館に到着。

旅館まつや


先月と同じ旅館です。
なんで同じ旅館にしたのかというと、外湯巡りに最適な位置だから。
ちょうど15時過ぎに入ったのですが、もうお客さんが入っていました。
私の受付を始めたとき、先月にはないくらいの量の紙が並べられていました。
(まぁ、先月はチェックインが遅かったというのもありますが。)
また、同じ仲居さんかな?と思ったら若い男性でした。
始めは緊張感がありましたけど、色々話をしてくれる仲居さんで緊張も緩和。
お食事タイムを18時にしてもらいました。

その間、外に出る事はせず、ただただ、私は読書タイム。
いつもパソコンの前でSNSやらブログやらゲームをしていますが、今回は本を一冊持ってきて読書タイムです。
が、老眼にはきつかった(笑)

18時にもなる前に仲居さんがやってきて「そろそろお食事どうですか?」と早めに来られたので了承。
早速フードバトル開始です。
先月と同じものかと思いましたが、やはり料理旅館、毎月微妙に変えてきています。

【定番のかに】
旅館まつやのお夕食1

【先付けとトウモロコシのとうふに食前酒】
旅館まつやのお夕食2

【香物】
旅館まつやのお夕食3

【お刺身】
旅館まつやのお夕食4

【かにの身を取り出した一部】
旅館まつやのお夕食5

【茶そば】
旅館まつやのお夕食6

但馬牛宮崎牛ステーキ】
旅館まつやのお夕食7

【茶碗蒸し】
旅館まつやのお夕食8

【空っぽのおひつ】
旅館まつやのお夕食9

【デザートとお吸い物】
旅館まつやのお夕食10

もう堪能しました。意外だったのはステーキ。
但馬牛とばかり思っていたのですが、仲居さん曰く料理長が選んだのは宮崎県産。
但馬牛と言われても分からないッスよ。
マジで柔らかくて、これだけでごはん3杯は軽くいけます。
粗塩で食べるのをお薦めします!

食べ終わってから外湯巡り開始。
時間は19時30分を過ぎていましたが、外はまだ明るかったです。
外湯巡り出発


まず目指すは、まんだらの湯。
城崎温泉ロープウェイで戻ってきた道をまた戻ります(笑)
15分弱で到着。
まんだらの湯

この時間は、意外とすんなりと入る事が出来ましたが、30分過ぎたら大行列となってました。
タイミングが良かったのかもしれない。。。
体中がポカポカで、次に目指したのは御所の湯。
3分で到着。
御所の湯


こちらも混雑していましたが、それ程待たずしてはいる事が出来ました。
やはり、ごはんを食べてみんな頃合計ってきたんでしょうね。
でも、20分で外を出たら大行列でした。


「凄い。先月とは大違いに多い。」
と感じる私でした。
てっきり梅雨だから、客足鈍っていると思っていたのですが、全くの大ハズレでした。


何気なく昭和を感じる電話機をまた撮ってしまう・・・
旅館まつやの電話機


部屋にはこんな風に生花が飾られています。
部屋に飾られているお花


朝食は、前回と殆ど同じだったので割愛。
そして、9時45分にチェックアウトを済ませて、相方が行きたいと行っていた城崎温泉プリンを食す。
城崎温泉プリン

うまい事はうまいが、私の中ではまぁ、腹一杯と言う事もあって絶品するほどではなかったかな。
濃厚ではあったけれど。
相方は、チーズみたいで濃厚、うまいうまい!と絶賛していました。
気になる人は是非行ってみて下さい。
ここでも、PayPayが使えました。


あとはいよいよ帰るだけ。
じゃなーい!4000円分のクーポンを使いきるのだ。
と言う事で4980円分買い込みました。
普段、こんなにお土産物を買わないんだけどね。
かになめ茸ゆずあさりまるるんクッキー詰め合わせこうのとりたまごサブレ城崎けぇきたると焼がにパイ城崎温泉かすたーどけーき

そして、普通ならここから観光といった感じなのですが、月末に床屋の予約を夕方入れている事もあって、先月と同じ時間の列車に乗る事に。

こうのとり14号新大阪行き


この顔つきの特急が好きです(笑)

きのさきおんせん

城崎温泉駅を後にして帰ったのでした。
この企画きっぷについて、駅員さんに少し話を聞いたところ、かなりの利用者が要るんだとか。
確かに駅に着いたときパッと見た感じ、似たような印刷をされたきっぷを何枚か見ました。
安いもんなぁ。
意外とテレワーク推奨していても、定期利用している人が多い事に驚きました。


ただ。
仕方ない事なんですが大阪駅から城崎温泉まで時間がかかるんですよね。2時間40分。
新大阪~東京ののぞみよりも遠いんですよ。
単線を走るので仕方ないんですが、もうちょっと速くならないかなぁ。とも思ったりしたのでした。
途中乗車もありにしてくれたらなぁ。
(途中下車は前途無効でありみたい。)
まぁ、安いからその分の制限は仕方ないからいっか。
また、こう言う企画きっぷを出して下さいね。JR西日本さん。
今度は、新宮方面に行きたいなぁ。。。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (10人)
Posted by いぐぅ 18:00 | 旅行::電車 | comments (0) | trackback (0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://www.sir-2.net/dablg/tb.php/8047
トラックバック

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31