•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

近畿インターハイが終わる

昨日、4日間の日程で奈良の鴻ノ池にて行われた。
相変わらず、うちの母校は強い。
トラックでダントツの1位を取っている。


それでも「おや?」と思ったのは800mの結果。
1年生ながら京都インターハイを制し、タイムも決して悪くないのに何故か近畿インターハイでは決勝に残っておらず準決勝敗退。
怪我でもしたのだろうか。
それが心配である。
滋賀の1年生が近畿インターハイを制して、これもまたタイムがエグい。
1年生で1分50秒台か。怪我なくキッチリトレーニングをやれば、日本選手権でも決勝に残れるのではないだろうか。

それよりもだ。
私達の頃は、近畿インターハイの強豪校というと、奈良の添上高校だった。
「だった。」という過去形になっているのは、今はサッパリ全然聞かないと言う事。
添上合宿に2度ほどお世話になったことがある。
早朝練習から滅茶苦茶ハードワークで、「これは強くなるわ。」と納得するほど練習量がうちよりも圧倒的な量だった。
お陰で、私も京都インターハイで110mHと400mHの2冠達成したのだが、その当時の400mHは桂高校のK君が強かった。
しかし京都では、高校2年生秋のジュニア大会から京都インターハイまで負け無しが続く。
タイムは平凡だけどね。
それもこれも、添上合宿のお陰だと思っている。
2日で2000m以上走れる体力だけは付いた。
400mを走る力は付かなかったけれど(苦笑)


そんな添上高校に何があったかは分からない。
当然指導者もとっくに引退して新しい先生なりコーチに引き継いでいるハズなのだが、生徒と先生・コーチの間で練習指導方法が噛み合わないのだろうか。
悪い言葉しか見つからないのだが、完全に「没落」してしまっているのだ。
すごく残念で仕方ない。
私にとって、添上高校とはライバルでした。
(男女ともに強かった。)
実際、全国インターハイで総合優勝したときも1点差の争いでしたからね。
なので、是非とも再興して欲しいなぁ。と思うのであります。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (19人)
Posted by いぐぅ 18:00 | スポーツ::陸上競技 | comments (0) | trackback (0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://www.sir-2.net/dablg/tb.php/8041
トラックバック

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31