•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

【シリーズ・その17】ようやく一つ終わったか?

本日ダブルヘッダーの日。
定期検診と治療の日。


先に定期検診をやってから、少し時間をおいてから治療を行うというモノ。
なので、けっこうな金額するんじゃないかと思って、2万円を用意しておいた。


いつも通り、電車で大阪駅まで行くのはこれまで通り。
さすがに、週6日大阪通いもしんどい。
治療日の前夜、猛烈なだるさが襲ってきた。
何もしたくないという感じに。

ちょっと脱線するのですが、うちの会社ではテレワーク(リモートワーク)を推奨している。
しかし、私の仕事では必ず誰かが出社しなければならないようなことをしている。
そう、電話番である。
代表番号用と社内番号用の2つがあり、事務員さんがいる場合、代表番号を取らなくても良いのですが、事務員さんもテレワークで週1~2日のみの出社となっている。
そのため、最低でも2人が出社せねばならない。
うちのプロジェクトは3人体制で1人がテレワークで2人が出社である。
これが、家庭の事情で1名がリモートワークをせざるを得ない状況になっていて、残り2人が出社という形が5月から続いているのである。
ただし、それだと有給が消化できないので、そう言うケースのみ出社してもらっている。

そう言う訳で、私の有給がクリアするまで7日残っているので今月2日使い、もう一人も何日か使うため、殆どテレワークは行っていない。
私の今月のテレワークは0日である予定。
と言う事で週6日大阪通いは結構しんどいのであるが、快速電車で20分で着くのだから便利なところである。


さて、歯科衛生士さんに案内されてチェックしてもらう。
何故か分からないが、昨年まではあちこち指摘されていたのだが、褒めることが多くなった気がする。
「結構、来院されていますね。」と言われて、「そうですね~、本格的な治療を始めましたからね。」と返答する。
そして、異常なしどころか、「綺麗に磨かれていますね。」と褒められてしまう。
この4ヶ月間、いつも通りの歯磨きしかしていないのだが、歯科衛生士さんに「何か変えられましたか?」と聞かれたので「いえ、普通に磨いています。」と返答する。
その後、治療器具で磨いてもらったあとで、歯間ブラシによる掃除で一変する。


口をゆすいだら血だらけだった。
まぁ、当然のことだろう。
歯間ブラシによる掃除は、ほとんど気が向いたときくらいしかしないのだから・・・
これを見て、「週1回でも歯間ブラシによる掃除をせなあかんかな?」と言う気持ちになった。
いや、毎週日曜日の夜にでもやろう。


こうして、45分くらいで終わった。
いつもなら歯ブラシによるブラッシングをしていただけたのだが、どうやらそれはカットされている。

ここでちょっとまた脱線なんですが、私の人生経験において、次のことは自分でするよりもお金を払ってでも毎日やってもらいたいくらい気持ちいいんです。

・全身マッサージ(性感マッサージじゃないぞ!未経験だけど。)
・髭剃り
・歯科衛生士さんによるブラッシング

これについては、またいつか記事を起こすとして、定期健診が終わって待合室に戻る。
次の治療は、またもや何も聞かされていないので、戦々恐々しているワイ。


10分くらいして呼ばれて早速案内される。担当医もスタンバイされていて、今日の治療方針の説明が入る。
担当医「今日も右上奥歯の根っこの治療を行いますね。」
私『え?また?』
と、前回90分掛けた治療をまたやるんかい。と思って、また麻酔を掛けられる。
私『あ、これで昼飯抜きになるな・・・』と。
今日は猿ぐつわをされず、ひたすらドリルでガリガリと行っていく。
当然、麻酔が効いているので振動しか伝わらない。
ただ、若干浸みるような痛みはあったけど、こんなの我慢出来る程度。
担当医から「大丈夫ですか~?」と言うので私は「うん。」と言うくらいしか返事できなかった。

それから暫くして、金属のようなものが嵌められる。
『これって、もしかして・・・』と思ったらそうだった。
仮歯が終わったのだ。
いやっほぅ~!と内心喜ぶ。
しかし、最初の噛み合わせで高さが高いため、担当医から聞かれたときに「ちょっと高いです。」と言うと頭上でガリガリと調整していた。
何度か調整した後、装着してほぼ違和感なく完了!


これで、右側で気にせず食べ物を噛むことができる!
長かったなぁ。と感慨深く歯の大切さをしみじみと思う。


そして、1時間ちょっと掛けて終了。
お会計待ちとなる。
これだけのことをやったのだから、4~5,000円は覚悟していた。

本日のお会計・・・2,000円

もう、マジでわからん。
定期検診だけで2,500円くらい取られることもあったのに、今回はダブルヘッダーでその御値段は算出根拠が分からない。
取りあえず、1,000円札2枚出して終わり。
本当にその値段で大丈夫なのか心配になるが、窓口がそう言うのだからそうなんだろう。
後日、追加請求されても、まぁ、領収書さえもらえたら別に問題ないんだけど。
ちゃんと対価は払わないとね。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (19人)
Posted by いぐぅ 06:00 | 医者::歯医者 | comments (0) | trackback (0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://www.sir-2.net/dablg/tb.php/8036
トラックバック

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31