•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

仮想通貨まで手が回らない・・・と言うか現時点では手を出さない

時価総額4兆円のルナ、一夜で価値ゼロに ステーブルコインUSTはなぜドル連動が崩壊したのか


こう言う記事を見ると、何故かジンバブエ・ドルを想像してしまう。
何十年か前に友人に「私は、株とかはやらないわ~。」と言ってました。
しかし、ちょっと生活にゆとりが出来たので、持株会に入ったんですよ。3000円くらいから始めました。
そこから、12年くらい前に株に詳しい人の話を聞いて、「じゃぁ、ちょっとやってみようかな?」と思ってネット証券で口座を開きました。
それで、NISAが始まって長期投資と短期投資を巧く使い分けながら、資産運用をしています。
それも、別に6画面モニター開いてデイトレーダーみたいな事まではせず、短期投資の株はゲーム的にやっている感じです。


で、今のところの戦績は、投資額を回収しているかと言われると、ほど遠いほど回収できていないです。
しかし、10円株を100株単位で買って11円で全株売りを繰り返すこと数年で、長期投資とする会社の株を買う。と言う事を繰り返しています。
こう言うのは長い目で見ていかないとダメなのですが、ある日突然上場廃止になるリスクがあるので、その点を気をつけないといけません。
(長期投資株も短期投資株も両方ね。)


あ、でも、持株会の方は、今毎月1万円ずつやっているのですが、昨年夏時点で投資金額の2倍になっています。
なのでトータルでみると、超大幅なプラスになっております。


株式投資ですら、放置気味なのに仮想通貨なんかに手を出したら、私にとって現時点では「人生詰み」になってしまいます。
昨年か一昨年冬にNHKが必死にニュースアピールしていたのですが、私は鼻ホジしながら、「取付騒ぎ起これば良いのにな。」なんて不謹慎なことを思ってました。
ら、それが現実に起きたんですね。
と言うか、仮想通貨も色んな種類があって、私の中ではビットコインくらいしかないのですが、「ルナ」ってなんやねん。と言う感じです。
こうした投資には必ずリスクが生じるわけで、別に「仮想通貨だから怖い」と言うわけではないです。
「国内通貨」だって、いつ破綻するか分かりません。


そこで最初に出したのが、ジンバブエ・ドルなんですよ。
「は?」と思うでしょ。検索するとすぐにヒットしますよ。
史上最高額紙幣の通貨。



お金が紙くずのようなハイパーインフレな国です。
仮想通貨とは真逆を行くような国内通貨ですが、現金を持っていても信用されない国ならあっと言う間に暴落です。
今の日本が円安になっているのは、アメリカドルの金利が上がるのに対し、日本はゼロ金利政策を続けているからだ。とニュースでは頻りに言ってますが、私はそうじゃないと思うんですよ。
日本の消費購買力が、人口減少と高齢化で落ちていっているんだと。
だから、どんなに円を刷っても刷っても、日本の経済力がどんどん落ちているので魅力がない。と判断されて円が売られているわけです。
(それ以外にも多くの理由があると思います。)


で、仮想通貨の話に戻しますが、現時点ではそこまで廻せる資金が全くないので、『仮想通貨に手を出すくらいなら、金の毎月積立をやる。』ことを宣言します。
こっちの方が、まだ安心しますので。
『有事の金』と言われるくらいですからね。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (13人)
Posted by いぐぅ 18:00 | マネー::資産運用 | comments (0) | trackback (0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://www.sir-2.net/dablg/tb.php/7986
トラックバック

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31