•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

悪事はいずれバレる

「知床遊覧船」何度も単独で出航、他社の欠航提案に応じず…「ここ2年ほど目立つように」

先週の記事ですが、この記事を見て我が身に感じたことは、タイトルどおりです。
どんなに立派に勤め上げていても、こうした事故や事件になると、その人の悪いところだけがクローズアップされてしまいます。
よほど、人徳の高い人でないと、これを打ち消すことは出来ません。


私は、人徳もないし悪い事をいっぱいしているので、何か事件を起こせば過去の悪事をいっぱいほじくり返されることでしょう。
そして、家族や親戚兄弟に迷惑をかけること間違いなしです。
どんなに良いことをしても、そんなのは砂上の楼閣。すぐに消えてなくなります。
ほら、池袋の暴走事故を起こした老人もそうだったでしょ。
どんなに偉人と称えられても、悲惨な事故や法廷で繰り返される発言であっと言う間に晩節を汚します。


だからと言って、聖人君子なんてのは殆ど無いに等しい・・・宇宙から砂粒を肉眼で見つけるようなもので、綺麗さっぱりと流しましょう。
ええ、私の親族が(悪事で)何かあっても喋りませんよ。
そんなのは、自分の評判を落とすだけです。
ただ、認知症になってしまったら何が正しくて何が不正なのか分からなくなるので、その時は「尊厳死」を選んでさっさと死にたいです。
政治家は、さっさと「尊厳死」に関する基準を作って欲しいですね。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (11人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ニュース | comments (0) | trackback (0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://www.sir-2.net/dablg/tb.php/7974
トラックバック

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31