•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

バイク乗り目線から見たヘタクソ車乗り運転

私もクルマは乗りますけれど、どちらかと言うとバイクに乗っている方が今一番長いと思います。
そこで、これまでバイク乗り目線で、「こいつ、超ヘタクソだな。」と思われるクルマ乗りを紹介したいと思います。


左折でアウトインアウトをする軽自動車

うちの地域特有なのかも知れませんが、滅茶苦茶多いんですよ。
お前のクルマは、大型自動車かよ!と言う位、左折時にアウトインアウトする軽自動車。
特にハイトタイプの軽自動車が目に付きますね。
教習所では、減速して左に寄せてバイクや自転車を通せんぼにして曲がる。と習っているはずなのですが、たかだか全長3.4mでそんなに外側に寄らないと曲がれないのかよ!って位外側に寄ります。

なのに、わざわざ大回りして速度を落とさずして左折して、左折先でも速度が出ているので外側に寄っていきます。
私から見たらヘタクソの基本形ですね。
車長のある普通自動車でも左にゆっくり寄せて左折します。
あ、もしも左に寄せるときに後ろからバイクや自転車が接近したら、更に減速してワザと抜かせてあげましょう。
巻き込み事故防止の観点からして、自動車の過失割合が高いので無難に避けた方が得策です。
(ゆずりあい精神です。)


法定速度以上に左側から追い抜く車

私は、原付2種や軽二輪なので二車線道路で時々追越車線側を走る事があるのですが、まぁ、その時はそれなりの速度が出ています。
前方がガラガラでも走行車線側に戻りたくても戻れない場合(割り込むと車間距離が短くなってしまう)、仕方なく走る事があります。
すると、走行車線の隙間を縫って猛スピードで追い抜くクルマがたまにいます。
右側から追い抜かれるのは、それ程怖くないのですが左側から抜かれるときはヒヤッとするんですよね。
そりゃぁ、「てめえの速度が遅いからだ。」と言われればそれまでなんですけど、こちらも法定速度以上(+10km/h)で走っているのに、それ以上で追い抜かれると割と恐怖です。
クルマだけでなく、バイクでも時折そんなのがいます。
しかも、走行車線で私が真ん中を走っているところで。
追い抜くなら右側から追い抜いてほしいものです。


交差点の直前でウィンカーを出す車

これねぇ。マジで怖いんですよ。
まっすぐ行くつもりでこちらもその速度で走っていると、交差点進入直前でウィンカー出してブレーキですよ。
交差点で停止しているときもそうですね。
ウィンカー出さないので直進かな。と思っていたら右左折のウィンカーを交差点内で出すんですよ。
「お前、後方確認しているのか?」
とドライバーに半日くらい時間をかけて説教したいですね。
ウッカリは仕方ないとしても、せめて交差点停止しているときに、左右に曲がるの決まっているなら最初から出して欲しいですね。
(とくにT字路な!)


追越車線をチンタラ走る車

二車線道路で、走行車線が空いているにもかかわらず、追越車線をチンタラ走る車。
「どこかで右折するのかな?」と後方を走る私は、それを想定して車間距離を開けるのですがいつまで経っても右折しない。
仕方ないので、走行車線に戻って追い抜いていきます(立派な交通違反)。
高速道路でもそう言う光景を見ます。
高速道路の場合、クルマよりも大型トラックですね。
大型トラックは速度リミッターで90km/Hまでしか出ませんので、走行車線のトラックとランデブーです。
追い越せないと分かったのなら減速して走行車線に戻るべきです。


信号のない交差点で2段階停止しない車

最後は、住宅地内ではあるあるじゃないでしょうか。
私も、クルマで運転するときツイやっちゃう方ですが、交差点入り口の手前に「一時停止線」があるにもかかわらず、それを超えて交差点に進入する車。
バイクは、キープレフトを遵守して左端を走行する人もいるのですが、いきなり停止線を越えてニョキッと出てくると最悪バイクと出会い頭衝突確実です。
また、バイクだけじゃなく歩道が整備されている交差点だと、自転車や歩行者とも衝突します。
見通しの悪い住宅地内の交差点は、人通りが少なくても気をつけないといけません。
「人(または自転車)が来ないと思って停止線を越えて止まった。」と言っても理由になりません。
一時停止線に止まって、徐行して交差点に進入したのであれば、事故が起きた場合多少(過失割合が)考慮されますが、それでもクルマの方が圧倒的に分が悪いです。
なので、一時停止線は必ず一旦停止し、交差点では徐行で進入しましょう。


と言う事で、以上5選。
バイク乗り目線からみたヘタクソ車乗りでした。
まぁ、車乗り目線からヘタクソバイク乗り運転もあります。
それは、またいずれ・・・


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (11人)
Posted by いぐぅ 06:00 | クルマ・バイク | comments (0) | trackback (0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://www.sir-2.net/dablg/tb.php/7946
トラックバック

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31