•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

謝るのは新入社員ではなく、取引口座を持つ顧客じゃないの?

みずほ社長、入社式でシステム障害おわび 「失敗を糧にへこたれず」


新入社員の不安を解消させるための謝罪なのかな?
それは、間違っていると私は思うけど。
謝るべきなのは、お金の貸し借りをしている顧客じゃないかしら?
明らかに信用不安に陥っているのだから、そこに向けての謝罪でしょう。
内向きの謝罪をしても、新入社員はシステムのことについて無関係だし、これから携わるにしてもシステム根幹に関わる人なんて極僅か(希望しない)だろう。


それでも、ガッツのある新入社員がいて、行内のシステムを熟知して法律を学び、銀行とは何かを考え、5年後10年後にシステムを一から作り替えて成功させると、間違いなく英雄になれる。
なれなかったら、さっさと辞めて他の業界に転職するべきである。
それをもとに出版すると、パンドラの箱を開けることになるんだろうな。


うちの会社でも昨日入社式をやって、オンライン中継するから見てね!でも、社内から見るのは禁止ね!スマホで見てね!
って、その時間帯私は、人事異動でヒーコラシステムアカウントに権限付与したりして、そんなもん見るヒマネーヨ!って言いたかった。
てか、そんな時間に見るヒマな担当あるのかな?
羨ましいぜ。


 システム障害が相次いだみずほフィナンシャルグループ(FG)が1日午前、都内のオフィスで入社式を開いた。傘下のみずほ銀行やみずほ信託銀行、みずほ証券などの新入社員約600人が出席。木原正裕社長は「失敗を糧にしてへこたれないで」と呼びかけた。

 新型コロナウイルスの影響で、対面型の式は3年ぶりだった。2月1日付で就任した木原社長は「この1年のシステム障害で大きな不安を抱いたと思う。まずおわびしたい」と新入社員に向けて謝罪。そのうえで「失敗を糧にして、何があってもへこたれないでほしい。現状に甘んじず、日々の仕事を改善するために声を上げていってほしい」と語りかけた。

 みずほ銀行は昨年2~9月に8回のシステム障害を起こし、金融庁から2度の業務改善命令を受けた。FG社長と会長、みずほ銀頭取のトップ3人が退任し、新体制で経営改革に取り組んでいる。
記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (14人)
Posted by いぐぅ 18:00 | ざれごと | comments (0) | trackback (0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://www.sir-2.net/dablg/tb.php/7926
トラックバック

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31