•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

それはある日突然に・・・
messengerで1/10 10時過ぎ、「足捻って足首に力が入らない。
相方が連休まっただ中怪我をした。
それはある種、不意を突かれた出来事だった。


messengerで1/10 10時過ぎ、「足捻って足首に力が入らない。」という一報があり、「夕方に荷物があるから受け取ってくれるか。」という知らせだった。
特に気にも止めず「あいよ。」と返したのだが、その数分後、「足がめっちゃ腫れてる。」と来たので「冷やしなさい。」と返した。
で、気になって下に降りて、見比べたところ確かに腫れてはいるが、冷やせば治るだろうという安直に考えていた。
しかし、相方は日曜日に開業している病院を探して、そこに行きたいというので、連れて行くことにした。


1時間くらい待った結果、「全治2ヶ月安静」とのこと。
まじか~。と心の叫びと共に、医師から「大きい病院へ行って手術をするか否かを判断して下さい。」と言われて紹介状を書いてもらった。
相方はショックだったが、私もショックである。
だが、やってしまったものは仕方ない。


連休中は大人しくしている間、方々に連絡をして1/12にお休みをいただくことになった。
だって、松葉杖でちゃんと歩くことが出来ないから。
付き添って介護しないと行けないのである。


紹介された病院へ行って、かなり待たされたり、色んな検査を受けたりしました。
検査結果、手術をして早く治しましょう。と。
で、1週間か10日先かなと思ったら、1/14か1/15の好きな方を選べ。と。
それなら、1日でも早く治したい気持ちがあったので、「1/14でお願いします。」と相方よりも私が先に答えてしまった。


こうして手術と入院の段取りの説明で更に時間がかかったけれど、ここの病院の職員さんは終始サービス精神が良かった。
Googleクチコミでは、散々な書かれようだけど。
んで、今日はこれから相方を送って手術を行うのである。


無事、成功しますように。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (7人)
Posted by いぐぅ 06:00 | 医者::整形外科 | comments (0) | trackback (0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://www.sir-2.net/dablg/tb.php/7444
トラックバック

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30