•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

持論◆学生時代の名指導者たるもの
後輩には、卒業してから、京産大、同志社大、立命館大、関西大、関学大のハードラーを中心に「ハードルグランプリ」と言うのをやりました。
これはあくまでも私の持論なので、異論は大いに受け入れます。


私の中で名指導者というのは、
・毎年数名の選手を全国大会に送り出す
・全国大会で優勝する
・名誉欲がないこと


細かいことを挙げるとキリがありませんが、この3点セットが私が持論する名指導者です。
私は、非常に運が良かったのか、中学、高校、大学と名指導者に当たりました。
中学では、全国大会に行けたし(記録無しで終わったけど)、
高校では、高校2年生夏から種目変更して、全国インターハイで優勝したし、
大学では、オールフリーで練習させてもらえたので、日本選手権で3位、世界陸上標準記録Bを突破しました。(出場はなり得ませんでしたが。)
でも、目標としていた13秒台を出せなかったのが、唯一悔やむかな?


社会人では、学生時代に多くの犠牲?を払ってきたのでスッパリと辞めたのですが、それについて後悔は微塵もありません。
私と同世代の人達(大学時代を除く)は共感を得られると思いますが、血反吐を吐くような練習の日々で、盆も正月もなく合宿三昧に明け暮れていた時代もありました。


そして、これは私が痛感することなのですが、中学にしても高校にしても大学にしても、自身の成績はそこそこ良くても後輩の成績が良くありませんでした。
同じような練習方法や、理論を説明しても全国どころか地区大会が関の山でした。
これをみて、「私には、指導者として向いていないな。」と自覚しました。
そんなことを言うと、「たった1~2年で後輩が先輩を超えるような成績を残せるなんて、簡単に出せたら指導者なんていらんやろ。」と言われます。
まぁ、確かにその通りなのですが、どうも私の場合、自分より先輩(大学時代を除く)が全国で活躍し、自分がそれを追い越すことをしていると、私から後輩への伝え方に問題があったのだと思うのです。
この問題に、足りない脳をフル回転しても答えが見出せないので、もう考えるのを諦めています。


なので、私が時折高校生に練習を見るときは、30年前に教わったこと(特に米国で教わったことは、日本のやり方とはまるっきり正反対で勉強になりました!)を伝えています。
今では、その恩師がYouTubeで練習方法を公開されているので、私が説明するよりも直接見た方が良いかと思います。

陸上選手亝誓Root coming

このトレーニング方法や理論を見ると、私が学んだ当時のやり方が如何に前時代的なのかわかります。
特に中学生や高校生には見てもらいたい動画チャンネルです。
逆に前時代的な考えを持った指導者だと、発狂するような内容かも知れません(笑)

この動画を視て、その練習方法に近いことを、中学の冬季練習に取り入れていたのは、やっぱり名指導者だなあ。と思います。
無茶苦茶しんどかったし怖かったけど…(^^)


私は指導者の道に進まなかったので、名指導者ではありませんが、迷プレイヤーであったことは間違いないでしょう。
特に大学時代、多くの先輩方(他校を含む)に優しくされたのは、一生忘れられないですね。

後輩には、卒業してから、京産大、同志社大、立命館大、関西大、関学大のハードラーを中心に「ハードルグランプリ」と言うのをやりました。
3年くらいやったかな。
当時、ラップトップワープロを駆使して、この時期にデーターを集計して全員(だったか記憶があやふやだが)に冊子として配り、上位入賞者には賞状を贈ってました。
合同練習会も1回だけやったかな?
冊子を作るのが大変でした。
最初は、ワープロで印刷していたんだけど、あまりにも印刷速度が遅い(当たり前だが)ので、会社のコピー機で印刷してました。
当時の資料は、私も紙として原本を未だに持っています(^^)
ちょっと脱線しちゃった。

今は、色んな大会が充実していて良いですね。
110mHのレベルもグーンと上がって、今じゃ100mを11秒台で走っている選手じゃ、地区選手権に勝てないかも知れませんね。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (8人)
Posted by いぐぅ 06:00 | スポーツ::陸上競技 | comments (0) | trackback (0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://www.sir-2.net/dablg/tb.php/7404
トラックバック

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31