•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

バイクで淡路島一周ぐるり旅
と言うのも、本来ならば布施畑ジャンクション(以降JCTと略す)で神戸淡路鳴門自動車道に入らなければならないはずが、私は第2神明でも入れるはずと大きく勘違いしてそのまま、北神戸線を最後まで行き第2神明をひたすら岡山方面へと走っていたのだった。
以前から計画していたのですが、週末の天気が雨だったり、寒すぎたり、花粉症が酷かったりとズルズル延ばしていて、ようやく今日になって行動が出来るようになりました。

いつもの旅行なら、まず最初に旅行マップ(経路図)を紹介するのですが、今回はあまりにも長すぎるのと、地図ソフトが明石大橋ルートをうまく検索してくれないため、残念ながら紹介することが出来ませんでした。このあたりを参照して下さい。

さて、8時45分に自宅を出発。最初の目的地は、ガソリンスタンド。そう、残量が少ないためである。近所のGSなら5分で着くのだが、少し高いのでちょうど通り道になる1時間先のセルフへ向かう。(大体、リッターあたり8円くらい安い。)40分で到着。がっぽり入れる。その後、六甲北有料道路に入って阪神高速道路北神戸線を経由して一気に南下。そして、早くもミスをする(笑)

と言うのも、本来ならば布施畑ジャンクション(以降JCTと略す)で神戸淡路鳴門自動車道に入らなければならないはずが、私は第2神明でも入れるはずと大きく勘違いしてそのまま、北神戸線を最後まで行き第2神明をひたすら岡山方面へと走っていたのだった。明石サービスエリアを過ぎて、このコースが間違いであることを気付き、大久保インターチェンジ(以降ICと略す)で降りた。そして、一般道に出て神戸方面へ戻るために再度第2神明に入ったのだが、事もあろうか出てきたICへ入ってしまう。(注:逆走ではなく、岡山方面へ向かう入り口に入ってしまったのだ。)Uターンすることも出来ないので仕方なく走る。この時、逆走をする運転者の心理が分かったような気がする(苦笑)

次のICで再び料金を払い、今度は間違いなく神戸方面へ進入し無事神戸淡路鳴門自動車道に入ることが出来た。この時点で1時間はロスをした_| ̄|●はう・・・

淡路ICに着いたのは11時5分。ここから、淡路の最南端、道の駅「うずしお」まで東側の海岸沿いをひたすら走る。実に天気が良い。潮風が心地よいのだ。しかし、寒い…プロテクタージャケットで走るのはまだ早かったようだ。もう、途中から(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブルだったのだが、なんとか1時過ぎに到着した。

どんな建物かは、こちらを参照していただきたい。(本当は撮りたかったのだけど、人が多くて諦めた。)リンク先の紹介文にもありますが、有名な鳴門の渦潮が見られるらしい…と言うことで早速行ってみた。
鳴門の渦潮っぽいものw
見られませ~~~ん(笑)何となくそれっぽいところを撮ったのですが、肉眼で確認してもこの日は渦潮はありませんでした。せっかくなので、大鳴門橋も撮ってみた。
南淡路から望む鳴門大橋
もう、向こう先は徳島県です。近いなぁ。。。





さて、究極に腹も減っていたし、身体が冷えて仕方がないので、暖かいものを食べようと思いレストランへ直行。メニューを見るがご当地メニューかつ暖かそうなものがない!仕方がないので、たこ天丼定食(\1,200)にした。せっかくなのでと思ったのだが、写真を撮る前に食欲が勝っていたので、食べ終えてから撮り忘れに気が付くのであった。

観光マップ
道の駅の入り口にある観光マップを撮影。無茶苦茶アバウトだけど、ロードマップを持たずしてきたので、この先道に迷ったらとおもって撮ってみた。

大鳴門橋の記念石について
大鳴門橋の記念石についての説明文。特に書くことはない(笑)

1時間ばかし休憩するが、正直ここまでバイクで走るのはきついと思うようになってきた。と言うのも、前回も書いたのだけど、ここまでの運転時間は4時間15分。うち、ガソリン給油で15分ほど休憩したのですが、ケツが痛い(笑)クルマだと4時間くらい平気で運転出来ますが、バイクはムリだなぁと言うことをつくづく実感します。また、一般道では何ともないのですが、高速道で250ccは辛いですね。まぁ、その辺はオイオイ書くとしましょう。

さて、14時過ぎに現地を出発。いよいよ自宅へ戻るため、今度は西側を走ります。実に走りやすい!と言うか、最高速にチャレンジしたくなる気持ちがわからんでもない。北海道の道ではないけれど、そう言う雰囲気の道が随所に見られます。東側はアップダウンが小刻みあって地元に比べて信号が少ない程度しか思わなかったのですが、西側は長い直線道が何本か続いたんですね。まぁ、1kmくらいの直線ですけど。そこがまた、40km/H制限なので厳しいんですよ。私も知らず知らず60Km/Hはでていました。んでもって、1時間で淡路島の北端に到着。本当はそのまま一気に高速に乗ろうと思ったんですが、やっぱり疲れてきたので道の駅「あわじ」にてちょいと小休止。ついでなので、明石海峡大橋を(・∀・)パシャリ!!。
明石大橋

冷えた身体を缶コーヒーを飲んでやっぱり1時間も休憩。なお、本土と淡路を行き来するのは、何も『神戸淡路鳴門自動車道』だけではありません。フェリーもあります。
たこフェリー

このフェリーは、見たとおり『たこフェリー』と言って、明石と淡路島(岩屋)を結ぶ航路として残っています。1人でなら、バイクだと940円。クルマなら2050円。高速道路(垂水~淡路)だと、バイク・軽自動車が1850円。クルマだと2300円です。損得勘定をするならば、バイクならタンデムでもフェリー、クルマで複数人一緒なら高速道路になります。私があえて、高速道を選んだのはタイムロスだからです。1時間のロスがなければ、帰りだけでもフェリーの選択肢もありました。でも、このフェリー、神戸港ではなく明石港だから、そこから帰るのもちょっと難儀(=遠い)なんですよね~。

でまぁ、1時間休憩をして、神戸淡路鳴門自動車道~阪神高速北神戸線~国道176号線を経由して戻りました。走行距離約390km。ツーリング時間は8時間45分(うち休憩は2時間15分)。帰りの明石海峡大橋は横風が凄くきつくて怖かったので正直疲れました。けど楽しかったな~。クルマではとても1周しようとは思えない(所々狭い道がある)のですが、バイクならまたやってみたいですねぇ。今度は、観光要所を巡ってみたいです( ^-^)b


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 21:20 | 旅行::ツーリング | comments (2) | trackback (0)
コメント
明石焼き…私も随分と食べていません。
多分、2000年になってからは1度もないかも?
今度行ってみようかな…

たこフェリーは、普通のフェリーですが、淡路島を渡る自転車や原付にとっては重要な航路のようです。兵庫県に住むライダーも多くが利用しているみたいですよ。


Posted by いぐぅ | MAIL | URL | 06/04/17 13:23 | YvVvvNeY
≡(◎)≡ たこフェリーが気になるぅ・・・。
行ってみたいなーっていうか、明石焼が食べてみたい(だけ)



Posted by あくてぃ | MAIL | URL | 06/04/16 23:45 | WRA38fZ.
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://www.sir-2.net/dablg/tb.php/734
トラックバック

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30