•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

TMGが去ったあとは、もっと悲惨になった・・・
しかし、最近我が家にいつTMGが配送したのか調べてみた。
アマゾンと配送業者に契約トラブル、ドライバー悲鳴 「この配送センターはつぶれます」「いきなり無職に」


先日、Twitterで知ったのだけど、改めてネットニュースで公になって確信する。
よく、Amazonで注文するとデリバリープロバイダーと表示されることがある。
そして、デリバリープロバイダの発送となると、ガッカリすることが多い。
融通が利かなかったからだ。


しかし、最近我が家にいつTMGが配送したのか調べてみた。
注文履歴を見ると、2ヶ月以上前の過去が分からない・・・
く(""0"")>なんてこった!!
最近、玄関口横に置いて立ち去っていくのは、TMGとばかり思っていたのだが、それは間違いであった。
Amazon直送業者だった!
TMGよりも酷い業者である。


初期のTMGは色々と融通が利かなくて使えない配送業者だな。と思っていたんだけど、ここ数年でだいぶ改善されてきた印象がある。
それでも、クロネコには遠くに及ばないんだけど。
(最近のクロネコも午前中指定にするとお昼過ぎに届くことが多い。ので、16時位を指定している.)
やれば出来るじゃん!と感心していたところで、契約打ち切りとは残念である。
その原因は、今後明らかになると思うけれど、個人的にはどっちでも良いかな。
ただ、Amazon直送業者が、初期のTMG以下のサービスレベルなので、そこを何とか改善して貰いたいところである。
勝手に入ってきて、玄関口横に置いて写真撮影されても、他人に盗まれたらどう責任をとるつもりなんだろうか。
せめて呼出ボタンを押して、「玄関口横に置いておきます。」と一言言ってほしいな。
ウチの地区は、比較的治安が良い方だけど、盗まれない保証はないからね。


TMGのサイトを見ると、ニュースリリースにはそんな事は一切書いていない(当たり前だが)んだけど、トラックドライバーの募集はしているなぁ。
だったら、解雇しなければ良いのに。と思うのだが、1個あたりの配送賃を切り下げるためなのだろうか。
それに、配達拠点もどんどん増やしているし、Amazon以外にもたくさんの仕事を受注しているのかしらね。


そう言えば、今日からAmazon プライムデーですね。
特に買うモノは無いかな。。。欲しいものはあるけれど。





 アマゾンジャパンと、提携する配送会社の間に、契約をめぐるトラブルが発生していることがわかった。

 問題となっているのは、「T.M.G」(大阪府茨木市)。複数の関係者によれば、T.M.Gはアマゾンから契約解除を通達されたという。現場のドライバーなどの間では混乱が起こっている。

■ドライバーはいきなり無職に

 T.M.Gはアマゾンのデリバリープロバイダー(地域宅配事業者)として、宅配大手のヤマト運輸などを補完する形で、配送を委託されていた。

 民間調査会社によれば、T.M.Gは"アマゾン効果"により急成長を遂げ、17年2月期の売上高は16億7000万円、経常利益は3700万円だったものの、

同34億2000万円、同3億3000万(18年2月期)
  同84億5000万円、同10億6000万(19年2月期)
  同135億4000万円、同14億2000万(20年2月期)

と好調に推移する。

 契約解除をめぐっては20年10月上旬ごろ、T.M.Gの関係者を名乗る複数の人物がSNS上で知らせており、その原因についてもさまざまな情報が流布。その真偽が注目を集めていた。

 J-CASTニュースの取材に応じたT.M.Gの元社員によれば、今年7月ごろからそうした話が社内で噂されるようになり、10月15日で完全に契約が切れるという。別の元社員によれば、契約解除を理由に解雇された社員もいるという。

 T.M.Gの下請け会社の従業員は「9月26日にいきなり配送センターに連絡があったらしく、『9月30日をもってこのセンターは潰れます』と言われました」と話す。

 別の従業員は「T.M.Gから『荷物が10月1日から切られます』としか聞いていないです。ドライバーはいきなり無職になったので、説明をきちんとしてあげたいのにできない、やるせない気持ちです」と呆然とする。

アマゾン「契約の見直しは随時行っております」
 アマゾンジャパンの広報部は6日、取材に対し、「さまざまな会社と契約しており、契約の見直しは随時行っております。個別の会社との契約状況については開示できません」と契約解除を否定も肯定もしなかった。

 配送の遅延などユーザーへの影響については「お約束した時間に商品を届けるのは最優先事項ですので、その点については常に担保しております。(配送業者の)切り替えがあれば、きちんと対応しております」と答えた。

 T.M.Gにも事実確認をすると、代理人弁護士を通じて書面で回答があり、アマゾンを相手取って「裁判手続きを提起」していると明かした。詳細については係争中であることを理由に、説明は行われなかった。
記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ニュース | comments (0) | trackback (0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://www.sir-2.net/dablg/tb.php/7336
トラックバック

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31