•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

これは行きすぎだけど元はと言えば・・・
元を辿れば、原発建設にあたって地元有力者にネゴをとって、反対運動の矛を収めてもらい、その見返りとして関連企業に仕事を優先的に発注してきた(とされる)。
関電、引責辞任の元相談役に社用車など提供「必要に応じた措置」


この関電金品受領問題。
どうも、関電の役員や幹部を悪者に仕立て上げているんだけど、事の本質がスッポリ抜けているのが気になる。
元を辿れば、原発建設にあたって地元有力者にネゴをとって、反対運動の矛を収めてもらい、その見返りとして関連企業に仕事を優先的に発注してきた(とされる)。
そして、その地元の有力者が日頃世話になっているという名目で、役員に金品を送りつけている。
それを返そうとすると、有力者が激高して受け取ってくれない。
そうした問題があって、役員達は渋々受け取っていつかは返す(多分、有力者が亡くなったときに・・・でしょうね。)つもりだったんでしょう。


そもそも、この地元有力者が亡くなってから明るみに出た問題で、なぜ存命中に国税庁が動かなかったのか不可解である。
この有力者を存命中に査察を行うことで、職員を危険にさらされるのでは無かったのかと推察される。
真相は闇の中だけど、落とし所を関電に全て罪をなすりつける。と言う事なんだろう。
関電にしたら良い迷惑である。
一応、他の電力会社からそうした事案は無いと報告があったそうだが、それはきっとウソなんだろうと思う。
多かれ少なかれ、似たようなやり方が行われていないはずは無い。


こうしてみると、関電が気の毒になってくる。
世論が完全に(関電の)悪者扱いされてしまっている。
広告収入で成り立っているマスメディアが、もしも、特定の企業から多額の広告収入を得られても、その企業の不祥事を報じられるのか?
きっと、報じないだろう。広告主が潰れて収入が途絶えたら死活問題になるからだ。
それと同じ構図じゃないだろうか。
特定の地域に安定的に原子力の電力を供給するはずが、原発事故によって(原子力)依存度の高い関電は危機に瀕している。
そのとばっちりは、完全に関電エリアの住民である。
関電を褒めることはあっても叩いても何一つ良い事無いのだ。
それをよく考えて、関電を見て欲しいですね。


 関西電力は、金品受領問題で3月に引責辞任した森詳介元相談役に、退任後も社用車や執務室を提供していると明らかにした。森氏が同社と関係がある団体の役職を続けており、必要に応じた措置だと説明している。ただ、関電は森氏に損害賠償訴訟を起こしており、矛盾する対応が批判を集めそうだ。

 大阪市の松井一郎市長は26日、記者団に「残念で仕方ない。関電から提訴された人が、今も関電の経費を使える立場にある。結局は内向きじゃないか」と批判した。大阪市は、関電が森氏ら旧経営陣5人に損害賠償を求めた訴訟になれ合う姿勢があれば、株主として訴訟に参加する姿勢を見せている。

 関電は財界や経済団体などで活動する同社関係者に対し、情報提供や助言を依頼することがあると説明。その際に「必要に応じて社用車や執務室を提供する場合がある」とした。

 関電によると、森氏は現在、公益財団法人の「関西・大阪21世紀協会」の会長や「国際高等研究所」の理事長を務めている。また、24日には岩谷産業の社外取締役に再任された。関電の森本孝社長は25日の記者会見などで「社外の役職を順次辞任する意向だと聞いている」と説明していた。

 関電は16日に森氏を含む元取締役5人を相手取り、金品受領問題や、経営悪化で減額した役員報酬を補填(ほてん)していた問題などをめぐり計19億3600万円の損害賠償を求める訴訟を起こしている。

 また、関電は26日、顧問に就いている藤洋作元社長と向井利明元副社長の年間報酬が計1320万円だと発表した。
記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ニュース | comments (0) | trackback (0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://www.sir-2.net/dablg/tb.php/7233
トラックバック

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31