•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

ギガスイッチングハブを買いました
書斎に8ポートのBUFFALOギガスイッチングハブを使っていたのですが、先日、この筐体を触ると物凄い熱を持っていました。



書斎に8ポートのBUFFALOギガスイッチングハブを使っていたのですが、先日、この筐体を触ると物凄い熱を持っていました。
また、普段使っているデスクトップPCの有線LANがスリープからの復帰で、高確率でネットワーク切断されることもあり、そろそろ寿命なのかな?と考え買い換えることに。

LSW2-GT-8NSRR

現在のギガスイッチングハブは、電源内蔵タイプで最大消費電力が9Wなんですね。
今回購入するタイプは、最大消費電力が4Wと半分以下。
ちょっとは節電出来そうです。
あと、廃熱が異常に高くならないことを期待しています。


これでも、デスクトップPCの有線LANが改善されなかったら、有線LANをUSB3.0タイプの奴にするしかなさそうです。



こう言うのを買おうかなあ。
まだ、5Gbps-LANは高いからなぁ。
その前にネットワーク周りを貼り替えないとアカンワ(笑)


早速届いたので取り替えてみました。
EHC-G08MN2A-HJB


随分とスマートになり小型化されました。
無線LANアクセスポイントを重ね起きしていたのですが、どうも、無線LANアクセスポイントの廃熱による高温だったようです。
離すことによって、高温が避けられました。
まぁ、いっか。

それと、デスクトップPCのスリープからの復帰によるネットワーク遮断が改善されました。
やっぱり、BUFFALOのギガスイッチングハブの寿命が近付いていたのかしらね。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (2人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ハードウェア::パソコン周辺機器 | comments (0) | trackback (0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://www.sir-2.net/dablg/tb.php/7220
トラックバック

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31