•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

学研のLSIゲームと二次電池
で、家庭用テレビゲームでもない、ゲームウォッチもまだ浸透していなかったような時代(多分)、電子おもちゃと言えば私の中では、学研のLSIゲームである。
私がまだ小学生くらいだった頃、当時の家庭用テレビゲームと言うとダイヤル式に二人対戦の卓球何だかテニス何だかだった。
もしくは、ブロック崩し。
当時のテレビにビデオ入力なんてモノは無かったので、アンテナケーブルを噛まして1chか2chに合わせてするようなものだった。
それでも、私の心には斬新に見えた。
確か、ファミコンも初期型はアンテナケーブルを噛ましていたような気がする。
まぁ、それはどうでも良い。


で、家庭用テレビゲームでもない、ゲームウォッチもまだ浸透していなかったような時代(多分)、電子おもちゃと言えば私の中では、学研のLSIゲームである。
当時、学研の学習と科学を買ってもらっていて、科学に興味がひかれていた(=付録が楽しい)のだが、付録をおもちゃとしか見なかった親は科学を買うのをやめてしまった。
学習だけになって、そっちの方はあまり興味がなかった。


そんな中、インベーダーゲームが流行りだした頃、学研のLSIゲームにその広告が載り始めた。
確かインベーダー1000を初めて買ってもらった。
今でも覚えている。兄弟のクリスマス用プレゼントとして(笑)
その夜、そっと置かれたことを察知した私は、すぐに起きて猿のようにやりまくった。
そして、その日の午前中に電池が切れた(笑)
(それが原因で、兄弟げんかした事もあった。)

当然、買いに走るわけだが、当時、私のお小遣いが週100円だったので、単3乾電池4本は痛い出費だった。
別売りのACアダプターを買えば良いのだが、当時1,500円(だったと思う)には到底無理な値段であった。
(それでも、後日、お年玉を使って買うことになるのだが。)


この頃、二次電池なんてものが存在しなかったのだが、もしもeneloopのような製品があったら迷わず買っていただろう。
4本同時充電出来て8本買う!
でも、ACアダプターを買った方が遙かに安いよな(笑)


ほんと、今の時代、ゲームに関しては技術発達によって恵まれているよなあ。なんてシミジミに思うのでした。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ゲーム::その他 | comments (0) | trackback (0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://www.sir-2.net/dablg/tb.php/7196
トラックバック

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31