•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

行きすぎた個人情報保護を守りすぎた結果
銀行口座番号にマイナンバーカードを登録したら、向こう10年間受け取る利子の税金を無税にするとか。
川西市 現金10万円給付 "オンラインではなく郵送で!"


やはりというか何というか。
オンライン申請で銀行口座番号のチェックが、オンライン照合出来ていなかったのは、申請時に不思議に思っていたのです。
まさか、人海戦術でアナログでチェックをしていたとは・・・。


でも、考え方によっては、報道通り半数がちゃんと照合出来ているのだから、全部郵送申請するよりかは、負担が少ないと受け取れそうです。
マスメディアは、オンライン申請の不備を報じたいところだろう。


確かに不備はある。
何故なら、オンラインで入力された口座番号を国側のシステムでチェックする機能がないからだ。
これがあれば、いちいち口座番号を書かれた通帳や、オンラインバンキングの口座情報をスキャンして提出する必要がない。
こうしたことが出来ないのは、行き過ぎた個人情報保護でオンライン接続が出来ないことだろう。
銀行のATMやオンラインバンキングで送金するとき、相手の口座番号を入れて送金する前に、必ずと言って良いほど相手の名前と口座番号と支店名が出る。
民間のシステム会社なら仕様要件の一つとして必ず俎上に上がってくるはずだが、システム開発を急いだ結果抜け落ちていたんだろうなあ。

また、二重申請で二重払いも、こうした仕様案件でフラグ追加を忘れていたんだろうなぁ。
どちらにしても、突貫工事でシステム構築をしたのだから仕方ないか。
ただ、東北地方の自治体で二重払いしたケースは、金融機関にDVDを2回渡していたというのだから、アナログならカンペキというわけでもないですね。


こうしたことがないよう、国会議員はマイナンバーに関する法律を改正して、金融機関の口座番号を照会するシステムだけでも構築出来るようにする必要が有りますね。
証券口座番号は、マイナンバーとの紐付けが進んでいますが、銀行口座も出来ればこれを機会に奨めていってもらいたいです。
銀行口座番号にマイナンバーカードを登録したら、向こう10年間受け取る利子の税金を無税にするとか。
それ位やっても良いと思うけどなぁ。
そして、今後の給付はそちらに振り込まれるようにすると。
そうすると、現場職員の事務作業はだいぶ緩和されると思います。


しかし、まぁ、個人情報保護を煽りに煽りまくった結果、このようになったので仕方ないですね。
でも、申請の半分は、ちゃんと出来ているのですから、システムの仕組みを改善すればより良いモノが出来ると期待します!

※国税庁と協力したら、もう少しマシなシステムが出来上がっていたかも知れませんね。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (3人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ニュース | comments (0) | trackback (0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://www.sir-2.net/dablg/tb.php/7193
トラックバック

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30