•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

PCデポに関する記事を削除依頼がありました2(その後)
私のブログは、御存知の通りどこかのまとめサイトブログみたいに、広告だらけのブログではありません。
PCデポに関する記事を削除依頼がありました  -- 2020-04-29 Wednesday


これの続きです。
その後どうなったのか。私がどう言う心境なのかを綴ろうと思います。


その後についてですが、今日まで特に変化は有りません。
メールも届いていませんし、プロバイダーからの開示請求や裁判所からの特別送達も届いていません。
弁護士の名を騙った、新手の迷惑メールだったのでしょうか。
こちらから返信メールや連絡は一切行っておりません。
だって、迷惑メールだったら面倒くさいですもの・・・
弁護士なら普通、配達証明や書留郵便で送ってくるでしょ?


この削除依頼がPCデポの依頼でされていたとなら、風評を消し去りたい一心なのでしょうか。
一体、どうやって私の記事に辿り着いたのかエゴサーチしてみました。


まずは、「PCデポ 炎上」。
全然、検索上位100件に出てきません。
次に、「PCデポ 契約」
やっぱり、検索上位100件に出てきません。


う~ん、そんな単純な検索じゃないのか。
もしかして、メール本文に書いてあった「PCデポ、認知症高齢者に高額契約結ばせ、20万解約料請求…従業員が数々の悪行暴露!。」?
おっと、出ました。
検索上位8番目!
なるほど、Webニュースタイトル記事をキーにして、上位に出てくる個人ブログやまとめサイトに送っているのかしらね。
しかし、肝心の記事は検索結果トップに掲載されたまんまです。
大元の削除と謝罪掲載を依頼しないと、個人を法律で威嚇するのは意味ないと思うんだけどなぁ。
逆に炎上してしまう可能性だってあるのに・・・


で、私の心境としては、やはり届いたメールのこの一文です。
ウ 広告収入を得る目的であること
また、本件記事は、アフィリエイトリンクを掲載し、公告収入を得ることを目的として公開されているものです。

この点につきまして、アフィリエイト報酬を得る目的で作成されたウェブページに公益性は考えがたく、東京地裁平成27年7月13日判決も同様の判断を示しております。
したがって、本件記事に公益性は認められません。

私のブログは、御存知の通りどこかのまとめサイトブログみたいに、広告だらけのブログではありません。
と言うか、これで公益性が認められないのなら、殆どのサイトがアウトになりますね。

甚だ心外でおかんむり状態です。

しかも、例の削除依頼記事には、テンプレートのGoogle AdSenseのみであり、記事本文に広告は一切掲載していません。
それだけに、大量の広告を貼り付けた炎上ブログマーケティングと同列で語られてしまうあたり、非常に悔しい気持ちでいっぱいです。
別に私のブログが善良ブログという意味ではないですよ。
前にも書きましたが、国家公認ヤクザが「てめぇ、アフィリエイト広告貼っていながら、名誉毀損になる記事を書いているから覚悟しろよ。」と言いがかりをしてきたと、私は(思うじゃなく)感じているんです。

ページ価値


何度でも貼りますが、この記事に広告価値がありますか?
悲しいくらいに価値がないんですよ(涙)

PCデポは、全方位に向けて国家公認ヤクザを使って言いがかりに近いメールを、個人サイトの管理者に送っていることでしょう。
私のPCデポに対する心象は、酷く悪くなりましたね。


以前、(既に削除済み)企業から直接メールが届いたケースがありましたが、まだあちらの方が誠意ありました。
今後、何かしら動きがありましたら、こちらで逐次報告したいと思います。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (8人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ざれごと | comments (0) | trackback (0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://www.sir-2.net/dablg/tb.php/7187
トラックバック

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30