•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

第7世代iPod touch ファースト・インプレッション
基本的に私は、音楽を聴くとき直接本体とステレオヘッドホンを繋げるのではなく、Bluetoothレシーバー(ハンドセット)を介して聞いています。
第7世代iPod touchを買いました  -- 2020-01-23 Thursday


この記事から3ヶ月弱。
ファースト・インプレッション・・・と言うほどでもないが、第5世代との違いをミュージックプレイヤーの視点で書きたいと思います。




基本的に私は、音楽を聴くとき直接本体とステレオヘッドホンを繋げるのではなく、Bluetoothレシーバー(ハンドセット)を介して聞いています。
少し前にも触れましたが、第7世代iPod touch購入直後は、SBH-50と接続。
3月下旬からはSBH-54と接続して使っています。(もしかすると、SBH-54は返品するかも知れません。)
ツーリングするときは、BCOMのSB213 evo.と言うインカムを付けています。


新しいiPod touchにしてから、たびたび音楽再生で次の曲がストップすることがあります。
最初は、特定の曲で停まっていたのですが、最近のiOSバージョンアップ(13.4.1)にしてからはランダムで発生するようになりました。
原因の切り分けとして最初は、SonyのBluetoothレシーバーの問題かと思ったのですが、インカムでも発生するので本体に問題があると睨んでいます。
iPod touch(5G)では、そのようなことが一切無かっただけに、「あぁ、またクソiOSバグか・・・」と半分諦めて受け入れています。

専ら音楽を聴くだけですので、それ以外のことは試していません。
唯一上げるなら、BluetoothとWi-Fi接続くらいでしょう。
BluetoothによるLAN接続もできたので、その日に配信される音楽データを昼休みにスマホテザリングで行うことができました。


そう言えば、変わらない安心感だったのは、ワイヤレス接続するときの方法ですね。
昨今、NFCによるタッチ接続とかでAndroidでは手軽に設定が出来るのですが、iPod touch(7G)はiPod touch(5G)と変わりませんでした。
Wi-Fi接続も従来通りです。


電池の保ちですが、平日往復2時間通勤で週末に確認すると30%位ですね。
まぁまぁ、と言った感じです。
しかし、うっかりWi-Fiをオンにしてしまうと数%まで落ち込んでしまいます。
この辺は要注意ですね。


でも、概ね好意的に満足しています。
謎の音楽停止を除けば・・・



記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ハードウェア::オーディオビジュアル | comments (0) | trackback (0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://www.sir-2.net/dablg/tb.php/7140
トラックバック

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30