•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

キャッシュレス決済を本気で導入して欲しい3選
固定客の年齢層が、高齢であることとクレジット利用負担が重荷であることが原因でしょうかね。
昨年がキャッシュレス決済元年として、色々なシーンでキャッシュレスを行っていますが、未だに導入に前向きで無いところをいくつか紹介したいと思います。


理容店・美容院

すべての理容店や美容院に行っているわけではありませんので、該当しないお店もあると思いますが。。。
私が行っている理容店は、導入する気配無いですね。今月、ちょこっと話ししてみるかな?
固定客の年齢層が、高齢であることとクレジット利用負担が重荷であることが原因でしょうかね。
あと、キャッシュレス決済をウリにしなくても、お客がたくさん入るから不要じゃないかなあ。


個人医院・院外処方箋薬局

持病でいくつかの病院に通院し、院外処方箋薬局で薬を受け取るのですが、個人病院は総じて現金払いが多いですね。
クレジットカード精算するのは病床数100以上の大手病院くらい。
個人病院もキャッシュレス決済を積極的に奨めて欲しいですね。
院外処方箋薬局の方は、ドラッグストアを中心に導入しつつありますが、零細薬局は未だに現金払い。
私も長いこと同じ薬局で薬を受け取っていますが、クレジットカードで受け取れる院外処方薬局に変えようかと検討中です。
薬を受け取るくらいなら、別にどこの薬局でも良いのですからね。


無人コインパーキング精算機

最後はこれ。
よく利用することがあるのですが、消費税が10%になってから10円単位になって面倒くさい!
と思っている人は私だけじゃ無いはず。
クレジットカードや交通系ICカードなどに対応して欲しいと思うことしばしば。
機器交換とその管理する台数から、割に合わないのかも知れませんが、消費者目線で利便性を考えて欲しいですよね。
10円玉の釣り銭切れで、近くの自販機でお金を崩さなければならない面倒くささは、利用した人なら殺意を覚えたはず?(笑)
クレジットカードや交通系ICカードで支払いできるような仕組みを、どんどんと進めて欲しいです。


いかがでしたでしょうか。
他にもランチタイムの時だけキャッシュレス決済の使えない飲食店や、現金扱いのみの切符自販機、飲料自販機。
などなど、キャッシュレス決済の伸びしろは、たくさんあると思います。
せっかく、国がキャッシュバック事業を掲げているのですから、それに乗っからない業界はある意味脱税を推進しているんじゃ無いかと勘ぐります。
お金の流れを透明化してこそが、経済を循環させて景気が良くなっていくのではないでしょうかね。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | システム | comments (0) | trackback (0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://www.sir-2.net/dablg/tb.php/7059
トラックバック

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30