•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

4T-C40BJ1のファースト・インプレッション
ただ気になったのは、倍速パネルではないからなのか、テレビ放送のエンドロールで下から上にスクロールするときにカクツキが気になりました。


年始めの初売り市(1/2)で買いました。
REGZA Z3500がご臨終間近になりました  -- 2020-01-03 Friday

このセール、1/3までだと思っていたのですが、1/4に入った広告に1/10までのセールになっていました。
売れ行きがそれ程良くなかったのか、それとも逆に良すぎて在庫をかき集めたのかは分かりませんが・・・(笑)
とにもかくにもAmazonよりも安かったのは事実ですし、購入当時のネットショップやkakaku.com相場よりも1万円以上安かったので妥協しました。
ちなみに御値段は、54,800円です。
東芝REGZA 37Z3500を買った時は10万円超えだったのに、更に一回り大きいパネルで4Kチューナー内蔵がその半額とは・・・
価格破壊が恐ろしい・・・


Android TVなので、セットアップが面倒くさいのと、レスポンスが悪いんじゃないかと思っていました。
まぁ、アカウントを持っていなくても使えますが、有った方が何かと便利のようなので、私のアカウントを使用することにしました。
別に家族に見られてもヤバイアプリは無いですし(^^ゞ
映像系アプリがいくつかプリインストールされており、我が家で見るとすれば
・YouTube
・Hulu
・Amaznプライム・ビデオ
・torne
くらいです。
TVerは相方がインストールするかな?

設置した感じ、以前使っていたREGZA Z3500の大きさと殆ど変わりませんでした。

【REGZA 37Z3500の寸法】
916x637x298 mm(幅x高さx奥行)

【AQUOS 4T-C40BJ1の寸法】
915x603x253 mm(幅x高さx奥行)(▲1mm x ▲34mm x ▲45mm)

こうしてみると、若干一回り小さくなった感じですね。
メタルラックが920mm幅なので、45インチは実質無理です。43インチはギリギリアウトかも知れません。
業者さんがやってきて設置をして下さいました。
すんなりラックに収まってやれやれです。
ただ、テレビの下に置いていたセンタースピーカーが邪魔になってしまったので、やむを得ず1段下に置きました。


さて、肝心の画質の方ですが、特にパッと見た感じこれまで通りです。
2K画質でもそれ程悪いとは思いません。
ただ気になったのは、倍速パネルではないからなのか、テレビ放送のエンドロールで下から上にスクロールするときにカクツキが気になりました。
どのテレビ放送か忘れてしまいましたが、他のエンドロールでは特に発生しませんでした。


4K放送は、まだじっくりと見ていませんが、ザッピングしてみる限りでは、2K放送とそれ程大差無さそうですね。
番組表見ても民放のチャンネルは、テレビショッピングばっかりで全然力を入れていないことが丸わかりです。
先日、番組表を見て5.1ch放送の音楽番組があったので録画予約をしたのですが、何故か録り漏れていました。
4K放送の実力を確認するのに見たかったので、ちょっと残念だったな。
また、機会を見つけて視聴してみます。
やっぱり、5.1chサラウンドで視聴するなら、コンサートライブだよなあ。


動画アプリの方ですが、基本Fire TVで見ることにしていますが、徐々にAndroid TVで見る方に移行しています。
散々、Android TVをコケにしていたのですが、いちいちリモコンを取り替えるのが面倒くさいのでねえ。


あ、そうそう。
このテレビからB-CASカードが添付されていたのですが、挿入するところが一つもありませんでした。
確認すると、ACASチップに変わったようです。
なので、ACASチップが起因とするトラブルがあれば、テレビまるごと修理になると思われます。
それ故に、今までB-CASカードを差し込むと有料放送が2週間くらい無料で見られていたのですが、ACASになってからは一切それがありませんでした(´・ω・`)ションボリ


チャンネルの切替速度も、REGZA Z3500に比べると若干のラグがありますが、感覚的な問題なのでさほど気にするものではないですね。
液晶パネルのドット欠けが一昔前には普通にありましたが、我が家のAQUOSは問題ありませんでした。


ネットとの融合で、Amazon echoによる音声テレビをコントロールすることも出来ます。
最初は、面白がってやっていましたが、私の場合今では普通にリモコンで操作しています。


とにかく機能が盛り込みすぎていて、スマホでも操作が出来るのですがそちらはやっていません。
また、COCORO HomeでIoTを実現するとのことですが、このあたりは自前の商品だけでなく、様々な電化製品に対応してもらいたいところですね。
そうなると、我が家のIPアドレスは一気に足りなくなるかも(^^ゞ


ネットのクチコミでは、Android TVに否定的で私もその一人でしたが、今回2週間近く触ってみて特段問題となるような点はありませんでした。
唯一、鬱陶しいなあ。と思ったのが、File CommanderのアプリがTVの電源を入れると、ランダムにいきなり出てくる点ですね。
鬱陶しいので、アプリからアンインストールしました。
4Kチューナー内蔵40インチテレビが、54,800円で買えたことに非常にコスパの高い商品であると満足感が高いですね。
これからもちょっと色々と触って連携させて、もっと便利な使い方が出来ないか探ってみようと思います。

#4T-C40BJ1
#シャープ4K対応テレビ

記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (5人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ハードウェア::オーディオビジュアル | comments (0) | trackback (0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://www.sir-2.net/dablg/tb.php/7051
トラックバック

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29