•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

2019年度今冬の光熱費
さすがに、3年も続けるとエアコンと日々の気温差くらいしか差異が見つかりません。
昨年に引き続き、今冬の光熱費がどれだけかかっているのかを記録する内容です(^^)
何度も書きますが、24時間連続運転している方が、どれだけ安く済ませているかを検証しています。

が。

さすがに、3年も続けるとエアコンと日々の気温差くらいしか差異が見つかりません。
夏は2台のエアコンを稼働し続けましたが、冬はリビングエアコンのみの運用です。
夏よりも冬場の方が喰うことが、ここ3年の検証から分かっています。
だって、夏場2台のエアコンと冬場1台のエアコンでは、冬場の方が高くなるケースがあるんですよ?

エコ


それでは、検証に入る前に、今秋の動向をおさらいしておこうと思います。



2019年9~11月の光熱費

ざっとこんな感じです。
11月のみ前年同月比減ですが、それ以外は上昇しています。
9月は、まだ暑かったのでエアコンを付けっぱなしにしていたことが起因です。
10月は何でかな?
電気使用量と比例して電気代が上がっているのは、料金プランを変えたからです。
10月のガス代は、お風呂を沸かし始めたことが起因しているので当然の結果です。
その分9月が大幅に減っていますからね。


今冬は11月中旬にエアコンを入れ始めました。
確か昨年は、11月でも早いうちにエアコンを入れ始めたので、その差が電気代に現れたのでしょう。
また、11月は比較的暖かい日が多かったように記憶します。


さて、来月の光熱費はどれ位まで下がるのでしょうか。
それとも大寒波によって大幅に上昇するでしょうか。
ちょい注目です。
記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | 季節::冬 | comments (0) | trackback (0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://www.sir-2.net/dablg/tb.php/7021
トラックバック

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30