•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

Office 365 Homeを買いました
soloを買うよりも遥かに高いですが、自分+家族で合計6人までシェア出来るので+3,000円なら全然オッケー。
1年前にこんな事を書きました。

Office 365 Homeが欲しい・・・

実は、1年前に買いました。
で、なんでこんなに温めていたのかというと、色々と手探り状態が続いたのでした。


このソフトウェア、日本国内では販売していないのは当然のこと、アメリカのAmazonで購入しようとしても、「オマエの住所地では売らねーよ!」と蹴られる始末。
なので、海外購入代行屋さんに御願いしました。
代行屋さんはこちら。。。
日本円で手数料を取られながらも、初期投資と思って買いました。
発注から手元に届くまで、約2週間かかりました。
間に連休を挟んだので仕方なしですね。

購入先は、Amazon.com。アメリカです。
金額は購入代金+代行手数料+未着補償+国際配送料=14,958円(当時のレート)でした。
soloを買うよりも遥かに高いですが、自分+家族で合計6人までシェア出来るので+3,000円なら全然オッケー。と判断しました。


ただ毎年、代行屋さんに頼むのはコストと時間がかかるので、何か別の方法はないかと思案しました。
最初に自動更新を試みたのですが、クレジットカード払いにしても住所地が日本だからか登録出来なかったんです。
仕方ないので、PayPalでも試みたのですが、やっぱりダメ。
銀行口座もやってみたのですが、こちらもやっぱりダメでした(;´д`)トホホ


取りあえず自動更新は諦め、次のステップ(アカウント登録)へ進むことにしました。
ここのサイトにも書いてあるのですが、Office 365 Homeのキーを登録するときは、必ず米国サイトに繋いでいないとダメです。
VPN・・・なにそれ?と言う人は、ここから先、何を説明してもちんぷんかんぷんなので、自己学習(ggrks)して下さい。
VPNでアメリカサイトに確実に繋がるところを選び、自分のマイクロソフトのアカウントでログインします。
このアカウントは、Windows10でhotmailやOutlookメールアカウントに登録している人なら、誰でもOkです。
あとは、キーを入力して終わりです。


んで、ダウンロードしてファイルを実行したら、勝手にインストールされて終わり。です。
Office 2010では当たり前だった、どのソフトウェアをインストールするのか選択肢がありません。
全ソフトウェアインストールが前提になっています。
物凄くシンプルなのに驚きました。


それにしても、日本でもさっさとOffice 365 Homeを発売して下さい!(^^)
One driveが1TBに増えたり(これは日本のOffice365 soloでも同様)、Skypeが一般電話や携帯電話への通話が毎月60分間無料(こちらも同じ)、何より家族で予定表(Outlookカレンダーで)を共有できる事って素晴らしい。
いちいち電話やチャットで確認しなくても分かるのが素晴らしい。


早速、相方、親、兄弟のアカウントを追加して、Outlookカレンダーで互いの予定を共有することにしました。
ただ、コロナの関係でそれ程予定が入っていないのは、ちょっと残念だったりします(笑)
けど、行動力旺盛な親がどこへ行くかが、一目で分かるのでちょっと安心です。
相方のパートや兄弟のイベントがわかるのは、やっぱり嬉しいですね。
また、OneDriveが1TBに拡大されたので、かなりの写真や動画をアップロードして保存も可能です。
死ぬまで使いきれないんじゃないかな(笑)


この1年間温めている間に、Office 365からMicrosoft 365へと変わりました。
Office 365がMicrosoft 365になる!?  -- 2020-04-05 Sunday


明日は、Office 365の更新方法について書きたいと思います。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ソフトウェア | comments (0) | trackback (0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://www.sir-2.net/dablg/tb.php/6865
トラックバック

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31