•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

挫けずに続ける事って難しい
日本選手権で活躍するには、この選手権では悠々と通過して欲しかったのですが、残念ながらその結果は遂げられませんでした。
先日、京都選手権を見てきました。
先月の近畿インターハイで惜しくも7位で全国インターハイへの切符を逃した子と、社会人になってからも仕事と両立で続ける選手と。
日本選手権で活躍するには、この選手権では悠々と通過して欲しかったのですが、残念ながらその結果は遂げられませんでした。
あいにくの雨と低温というコンディションだったのですが、どちらもアップ不足なのか、調整不足なのか思うような走りが出来ていなかったように思えます。
キレがないというか、高校生は明らかに走り込み不足(やはり春先の怪我が影響か?)、社会人の方は調整不足か。

な~んて、上から目線で書いていたりするのですが、これでも私、一応日本選手権最高順位3位ですからね。
当時の世界陸上標準記録を突破していましたからね。(参加標準記録が今より低いけど)
日本選手権は4年連続、2年連続ファイナリストです。(一応・・・)
4年目は(就活のため)殆ど惰性での出場でしたが(*´д`;)…


ここで挫けずに秋の大会に向けて夏の練習に頑張ってもらいたい。
怪我をしないようにケアをし、万全の体制で臨んで欲しいな。
いま一度、自分を振り返り何がいけなかったのか、自分で考えるも良し。客観的に見られる人からアドバイスをもらうも良しです。
井の中の蛙になりませんように・・・。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | スポーツ::陸上競技 | comments (0) | trackback (0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://www.sir-2.net/dablg/tb.php/6851
トラックバック

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31