•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

2019年4月~6月の光熱費
前年比、約1割増。
さて、今夏も24時間連続エアコン稼働実験を行っていますが、その前に春の光熱費をおさらいしておこうと思います。
やはり天候に左右されるからか、あまり使っていないのになあ、なんて思っていてもしっかり反映されていました。

【2019年04月光熱費】

2019年04月光熱費


前年比、約1割増。
電気代に限って言えば、使用量が約9%増に対して、約6.8%増に低減。
まぁ、微妙なところですね。
ガスがガッツリ上がっているのは、追い炊き効果です。


【2019年05月光熱費】

2019年05月光熱費


前年比、約2割強増。
何でこんなに増えてしまったのか皆目見当が付かない。
いや、前年の使用量がかなり少なすぎたからだと思う。


【2019年06月光熱費】

2019年06月光熱費


前年比、約2割減
電気代の下がり方が凄まじい。
使用量が約1割減なのに、料金が2割近くまで減っている。
これが、乗換の効果か?(いやいや、誤差範囲内でしょ?)
ガスについては、暑すぎたのでシャワーモードに入っている。
でも、この数値なら殆ど誤差だよね。


今夏の光熱費も、前年比較をするために、6月~8月分で比較したいと思います。
どう言う結果になるんでしょうね。

そろそろ、これもデータベース化した方が良さそうだな。
入力するだけなら手っ取り早いのでやっておこう。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | 季節::春 | comments (0) | trackback (0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://www.sir-2.net/dablg/tb.php/6847
トラックバック

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30