•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

おおさか東線の延長区間に乗る
1ヶ月近く遅れですが、先日、おおさか東線の延長区間(新大阪~放出)に乗りました。
1ヶ月近く遅れですが、先日、おおさか東線の延長区間(新大阪~放出)に乗りました。
大阪駅で京都方面の新快速に乗って、新大阪で下車。
そして、2番線へ向かいました。
(新快速が遅れていたため、写真を撮る暇がありませんでした。)
乗換の都合上、鴫野で乗り換えることに。


何だか京阪沿線が物凄く近く感じました。
これが30年早く開通していればと思うと、本当に悔しくて堪りません(笑)
でも、京阪の乗換駅は「野江」なんですね。
「野江」は京阪では普通しか停まらないんですよ。
「野江」から1つ先が「京橋」なんですよ。
「京橋」だと、特急で京都方面へビューン。っと行ける。

もう答えは分かりますね。
新幹線で親大阪に着いたら、これまで通り大阪まで出て、環状線で乗り換えるのがベターな選択です。
しかし、京阪沿線で交野に住んでいる人は、河内磐船までのルートが物凄く楽かもしれません。
放出では同じホームで乗り換えられるようですし。
人混みを避けるなら、大阪と京橋で乗り換えるよりも、おおさか東線に乗って放出で乗り換えた方が良いかもしれません。
けれど、河内磐船と河内森はちょっと坂道で乗換がしんどいかも知れません。
あと、学研都市線の混雑がどれほどなのか気になるところです。

この路線にライナー列車が奈良まで運行されると面白いかもしれませんね。
停車駅は、新大阪~放出~王寺~法隆寺~奈良。
(乗降車数を完全に無視しています。)
今のところ、おおさか東線があぼーんねっとわーくの影響を受けなさそうですから、時間の確実性を求めるなら利用する手段となりそうです。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | 旅行::電車 | comments (0) | trackback (0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://www.sir-2.net/dablg/tb.php/6757
トラックバック

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30