•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

ブラック企業とブラック顧客
働き方改革法は中小企業に大打撃という記事を良く見かけますがこれは誤りです。
ブラック企業というのは、結構幅広く浸透している。
しかし、ブラック顧客(乞客)と言うのは、あまり広く浸透されていないのではないか。

ブラック乞客というのは、定義が色々あるけれど、ザックリ定義するなら

本来対価として支払わなければならない金額を、原価割れを要求する顧客
不具合をその日の夕方に告げて、明日の朝までに直せと要求する顧客

では無いだろうか。
もちろん、それに応じる企業はブラック企業であることは言うまでもない。
だって、各種法令に違反してまでやり遂げることになります。

働く環境は確実に変わろうとしています。
10年位前までは、残業をしまくってガンガンやれていたことも、今では通用しません。
私はこの方のTweetがとても秀逸だと思います。




ブラック乞客に対応するブラック企業は、さっさと市場から退場してもらいたいです。
もしくは、ブラック同士仲良く手を取り合って、市場から隔離して慰め合ってほしいです。

ただ、善良な顧客もある日、ブラック乞客に変わることがあります。
例えば鉄道の人身事故で遅れが波及したケース。
たまにいますよね。駅員や乗務員に詰め寄って暴言を吐く人。



また、SNSで罵詈雑言を呟く人。
どんなにその鉄道会社にお金を落としても、不慮の事故ではどうすることも出来ません。
開き直って大らかな対応を見せた方が、呟く人の印象が変わると思います。
私自身も気をつけよう。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (2人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ざれごと | comments (0) | trackback (0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://www.sir-2.net/dablg/tb.php/6754
トラックバック

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30