•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

2020年のインターハイ開催が危ういようです
2020年と言えば東京オリンピックイヤーでもあるのですが、ちょうど高校生の夏の祭典である全国インターハイとモロ被りしています。
SNSで過去に投稿(一部の人にしか見られません。)したことはあったのですが、改めてブログにて記事にします。


2020年と言えば東京オリンピックイヤーでもあるのですが、ちょうど高校生の夏の祭典である全国インターハイとモロ被りしています。
なんでも聞くところによると、この年は北関東インターハイになるみたいなのですが、当然、会場も宿泊場所のキャパシティーが全然足りないので、この年は全国分散で開催されるようです。
そして何よりも、運営費用が全然足りないとか。

東京五輪のあおりで「2020インターハイ」が大ピンチ 全国各地の分散開催となり中止の危機も

開催中止なんて、折角鍛練を積んできたのに悲しいことじゃありませんか。
降って沸いてきた分散開催のため、地方自治体も税金を投入することが難しいそうです。

このため、公式サイトで基金を広く募っています。
【2020インターハイ特別基金】


私自身、全国インターハイのお陰で、その後の人生が変わったと言っても過言ではない。ので寄付しました。
ウソと思われるのがイヤなので、ちゃんと証拠の画面をキャプチャー。

2020年インターハイ特別基金


そして、先日、挨拶状が届いたのですが・・・

挨拶状


名前がちゃうやないかーい!(笑)
まぁ、細かいことは気にしないのでいいです。
領収証は間違っていませんでしたので。


目標金額には遙か遠くに及ばない寄付金ですが、少しでも役立ててもらえば良いな。なんて思います。

広く寄付金を募るために、Excel版の申込書を作成しました。
手書きでも良いですし、PCで文字入力する事も可能です。

寄付金申込書(EXCELバージョン)


一人でも(特に全国インターハイ経験者)多くの人が、この趣旨に賛同して寄付していただければ良いな。
と思います。


なお、所得税控除の対象にもなりますし、法人による寄付も損金算入限度額として算定することが出来ます。
今年は、ちょっと多く貰って所得税が多そう。とか、ふるさと納税の代わりにしようかな?と出来そうな人は、是非ともこの制度を活用して、国におさめる税金を、基金・寄付の方に廻して下さい(^^)


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (2人)
Posted by いぐぅ 06:00 | スポーツ | comments (0) | trackback (0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://www.sir-2.net/dablg/tb.php/6706
トラックバック

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29