•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

セキュリティーソフトウェア会社がやっちゃあかんやろ・・・てな話
https://t.co/HtIApMeARN pic.twitter.com/HQpmOFnNNz — Hiromitsu Takagi (@HiromitsuTakagi) 2018年9月10日 。
大元の記事はこちら。

トレンドマイクロ、アプリによるブラウザー履歴の収集を認める

有料記事なので途中までしか読めない。
全文読みたい人は、まとめサイトがあるのでこちら。

トレンドマイクロ、アプリによるブラウザー履歴の収集を認める


実は昨夜にこの話題を見つけていて、簡単に斜め読みをし、翌日にでもチェックするか。と思ってました。





セキュリティー的にアウトな話しなので、impress Watchでも取り上げられるかなあ。とほのかな期待をしていたのですが、本日9月12日13時時点で未掲載。
そりゃ先週、こんな記事を載せていたら突っ込めないか?

「ウイルスバスター」最新版発売、AI強化で脅威を予測してブロックできるように、「決済保護ブラウザ」も新搭載



オンライン版は既に発売済みですが、パッケージ版は明後日14日の発売。
いきなり躓いた感がありますね。

んで、何の話しか全く見えない人のために簡単に説明すると、
・TrendMicro社製セキュリティーソフト(Windows、Mackintosh、Android、iPhone、NTTフレッツ製のソフトウェア含む)をインストールしている端末
・利用者の許諾なく(表向きはEULAあり)
・1回だけ24時間以内に訪れたサイトのURLを拠点サーバーに無断送信し
・その振る舞いを活用する(らしい)
と言うもの。

え?何か問題でも?と思うけど、これは、アンチウィルス対策ソフトをインストールしたのに、利用者目的外のスパイウェアを仕込まれたようなもの。
それが、絶対的な信頼性のあるAppleにあるApp Storeが、14時時点で公開停止中など影響出てきています。




悪質サイトを駆逐するならそのような動作は、別にOKじゃないの・・・と言う事かも知れませんが、それはちゃんとインストールした個々のユーザーにちゃんと説明しているかどうか。の問題。
この問題が公になっていないことから、トレンドマイクロ社は、コッソリと情報収集をしていたんですよ。
これがもし、あなたの大事なデータや秘匿ファイルを黙ってサーバーに送られていたらどうしますか?

セキュリティーソフトウェア会社のあるまじき行為なので、その筋の方達はお怒りモードなんです。
有効活用するなら、インストール時にその旨を明記(機能追加)を広く知らしめる必要が有りますし、URLを送りたくない人もいるわけですからそう言うユーザーのために拒否する設定をもうけなければなりません。

個人的に昔お世話になったソフトウェア会社ですが、今はノータッチですから煮るなり焼くなりお好きにどうぞ。
と言う感じです。ただ、こう言う配信背信行為は許せないけどね。

※15時前になってようやくimpress watchでも記事が公開された。けど、内容はイマイチ。
トレンドマイクロ製品がAppleのApp Storeで公開停止に ~Web閲覧履歴を送信していた問題が原因か


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (2人)
Posted by いぐぅ 18:00 | ソフトウェア | comments (0) | trackback (0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://www.sir-2.net/dablg/tb.php/6519
トラックバック

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31