•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

アプリとハードウェア
これが原因で、中古のZ3 Compactに切り替えたわけでもあります。
疑惑からほぼ確信に変わりつつあるのですが。
と言う話し。


普段何気なく使っているスマートフォンやタブレット。
そのままでは何も使えないので、Google PlayiTunesからアプリをインストールして使っていると思います。


アプリのインストール数は関係有りません。
それは、ストレージエリアに保存されるので、容量が上限に来ても問題ありません。
(ただし、OSが素早く次のアプリを呼び出したりデータ保存をするため、ストレージエリアをいくつか使いますので20%くらいは残した方が良いでしょう。)

問題は、個々のアプリが要求するスペックが、購入当時よりも高くなってきているんじゃ無いかと思います。
これにより、アプリが定期的に自動更新されるたびに、該当アプリを起動するとハードウェアの要求に耐えられなくなり起動が遅くなる事象が出ているんじゃ無いかと思います。

実際、SO-04E feat. Hatsune Mikuを購入当初は何ら不満がなかったのですが、OSを4.4.2にバージョンアップして半年したくらいから、メインで使っているFacebookやTwitter、他アプリの起動が遅くなりました。
タスクの切り替えも緩慢になり、無音カメラを立ち上げた後、タスク切り替えでTwitterを出すにしても遅かったです。
これが原因で、中古のZ3 Compactに切り替えたわけでもあります。
切り替えてからそのもっさりする原因は、今のところ解消しています。

こうした経験とこれまで対応した経験からすると、個々のアプリに機能追加したり、セキュリティー対策したりして、肥大化していったことが原因じゃないかなぁ。と思います。
なので、持論としては、発売後5年経過した端末は、いかなる条件であっても、素直に端末を買い換える必要がある。
と考えます。

余った端末は、カメラ専用にするとか、ソフトウェアパスワードアプリ専用とか、普段あまり使わないようなアプリだけをインストールしておき、それ以外は全部削除してしまう使い方が良いかと思います。
そう言う意味では、我が家にはXperiaスマホが3台と雷神1台有ります。
acroHD→インターホン兼地震検知情報専用端末
・ZR→各種ランダムパスワード生成アプリ専用端末
・Z3 Compact→メイン機(SNS投稿、5chブラウザ、カメラ撮影など)
雷神→サブ機(ゲーム、活動計、家電リモコンなど)
ですね。

そろそろ、acroHDを引退させて、acroHDが専用としている機能をZRに移行させて、机の上から撤去しようかと思います(^^)
こうしたシンプルな使い方をしている限りでは、6年前の端末でも十分活躍してくれますよ。えぇ。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ハードウェア | comments (0) | trackback (0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://www.sir-2.net/dablg/tb.php/6437
トラックバック

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31