•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

アカウント終(じま)い
長いことインターネットをしていると、色んなサイトのアカウントIDとパスワードを取得する機会が多い。
長いことインターネットをしていると、色んなサイトのアカウントIDとパスワードを取得する機会が多い。
そして、放置することも多かれ少なかれ存在する。
放置するだけならまだ良いんだけど、色んなサイトのアカウントIDとパスワードを同じにしていると、流出したときに厄介だ。
外部に流出することを前提に設定をしないと、あっと言う間に不正利用されてしまうからだ。


特にSNSの場合、友人や知り合いと繋がっていると、その悪影響は小さくないはず。
巨大ショッピングモールで漏れた場合、不正売買される可能性だってある。


それなのに、アカウントハッキングされても無頓着な人が多い。
こちらから、「不正利用されていますよ。すぐに対策を。」と伝えてもなにも出来ないと言うだけで、そのまま放置するそうだ。
危機意識がまるで無い。
そんな人に伝えた私は、どれだけゲンナリしてしまうか。
「あぁ、この人はこう言うのに向いていないんだな。」と感じ、二次被害で自分に被害が起きてしまわないようそっと縁を切る。
どんなに大切な人でも、自分に無頓着な人ほど怖いものは無い。
こう言う人とは、自分を守るためにも縁を切った方が良いのだ。
大切な人だと思うなら、直接その人に伝えると良いだろう。
それが真の友人と言えるのが私のポリシーだからだ。
まぁ、リアルの付き合いまで縁を切るかどうかは、ケースバイケースで考えますけどね。


と言う私も、そろそろ使わないアカウントIDの一部棚卸をした。

・普段使うアカウント(毎日~週に数回)
・たまに使うアカウント(月に数回~半年に数回)
・あまり使わないアカウント(半年に1回~年に数回)
・殆ど使わないアカウント(年に1回から0回)

とグループ分けをして、2段階認証システムを導入していないアカウントIDを中心に退会しよう。
逆にあまり使わないアカウントでも、2段階認証システムを導入している奴は残すか。
必要なときにまたアカウントを作れば良いだけの話。
使わないのに「いつ使うかも知れないから残す」なんて考えは、不正利用されるリスクが一番高いからね。

そんなわけで、100個近くのアカウントを一つ一つ、サイトへアクセスしながら確認をした。
これが結構大変で気付いたら、サービスが既に終了していたり、サービスが変わっていて諸手続が必要だったり、サービスが変わってログイン出来なかったり、とにかく1日で終わる作業ではありませんでした。
と言うか、未だ続行中です。


とりあえず、全てのアカウントデータをローカルのデータベースに放り込んで、最善の策を考えたいと思います。
10個以上アカウント退会処理をしたけど、まだまだ出てきそうだなぁ。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | インターネット | comments (0) | trackback (0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://www.sir-2.net/dablg/tb.php/6377
トラックバック

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31