•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

シビックセダンの試乗
セダンというとグレースと比べてしまうのですが、どちらも甲乙付けがたい位良いですね。
遅くなりましたが、シビックセダン 2017年版の試乗レポートです。
こちらは、なかなか試乗する機会がなく、言わないと出来ないため試乗予約で御願いしました。


シビックセダン 2017年版 フロントシビックセダン 2017年版 助手席側サイドシビックセダン 2017年版 リア


ちょっと陽が傾いていたのと、完全に逆光になっていまい、ブラック塗装であるが故に見えにくくなってしまっています。
すみません。。。
外観はWebで見るよりも精悍。
なかなかのワイドローアングルです。


さて、試乗コースですが今回は営業さんを後ろに乗せてのロングドライブです。(感謝!!)



営業さんを乗せてという理由ではなく、いつも通りの走行に心掛けました。
走行中、とても静かで1.5リッターとは思えないトルクです。
ターボが付いているのですが、あいにく試乗コースでそう言う機会もなく終わってしまいました。
セダンというとグレースと比べてしまうのですが、どちらも甲乙付けがたい位良いですね。
ハイブリッドの有無の違い(好き嫌いとも言う)だけで考えた方が良いようです。
値段も殆ど変わりません。(10万円ほどハイブリッド上級グレードのグレースが安い。)
ただ、走行中の室内に入るノイズ(ロードノイズやエンジンノイズ)は、シビックの方が全然ありません。


さて、ここでエンジンルームを覗いてみます。

シビックセダン 2017年版 エンジンルーム


ちょっと驚いたのですが、最近流行のエンジンカバーがありません。
珍しくむき出しです。

シビックセダン 2017年版 エンジンルーム拡大


たいていのクルマは、マツダもそうですがエンジンカバーを隠しています。
もう少し拡大して撮りました。

シビックセダン 2017年版 エンジンルーム拡大


ターボだからでしょうか。
それとも、エンジンカバーを被せることによるボンネットの厚みを防ぐためでしょうか。
ボンネットの厚みを防ぐためなら、どの車種でも同じ事が言えそうなんですけどね…。
むき出しによることで、エンジンの冷却がアップします。
(熱は暖かいので上昇する。カバーがあると邪魔になります。)

写真を撮り損ねましたが、それ以外にもバッテリー回りに断熱材が施されていました。
これも珍しいと言えば珍しい…。

トランクルームも見てみました。

シビックセダン 2017年版 トランクルーム


正直、でかい…。
相方はもちろん、私もスッポリ入りそうなくらいのでかさです。
マツダのアクセラよりもデカイですね。
大量の荷物が積めそうなくらい十二分なサイズです。
明らかにグレースよりもデカイです。

今度はリアシートに座ってみます。
私の身長では、座高はいっぱいいっぱいでした。
この点はグレースより劣りそうです。
アクセラと良い勝負しそうですね。
レッグスペースは普通です。
良くも悪くもありません。

リアシートから前席を撮影してみました。

シビックセダン 2017年版 リアシートからの眺めシビックセダン 2017年版 前席の眺め


割とシンプルな作りです。
が、インパネはインパクトがありました。

シビックセダン 2017年版 インパネ部分シビックセダン 2017年版 インパネ部分2シビックセダン 2017年版 インパネ部分3シビックセダン 2017年版 インパネ部分4


なんと、全面液晶モニターです。
アナログ派な私にとっては、ここはかなり違和感が(笑)
時代の流れでしょうか。
多分、この液晶モニターはシャープ製でしょう。
根拠は、かなり前にシャープが車載型液晶パネルを発表した記事を読んだからです。

シャープ、自由に形状設計できる「フリーフォームディスプレイ」を開発

先日書いたN-BOXとは違い、インフォメーションパネルはあまり見るところがありませんでした。
(まぁ、営業さん同席だったので、ゆっくり操作するヒマがありませんでした(^^ゞ)


インテリアは、これくらいでしてセダン オブ セダン。
そんな印象でした。


ここでまた試乗走行の話しに戻りますが、N-BOXでも書き忘れたのですが、最近のクルマ(マツダもそう)は加速すると自動でドアロックするみたいです。
これ、私はあまり好きじゃないのですが、何でそうしたんですかね。
N-BOXもそうでした。
ドアロックを解除(アンロック)するには、シフトレバーをP(パーキング)に入れないと解除(全ドアロック解除します。)しません。
走行中に解除出来るかどうか試していませんので、それだけは分かりません。

乗車時に気付き、運転時に確信したのですが、今乗っているFITよりも、先日試乗したアクセラよりも、夏に試乗したグレースよりも一段低いです。
スペックでは、ほぼ同じ最低地上高なのですが、着座すると一段低く見えます。
また、出入りもバブル期の頃のセダンとほぼ同等でした。
これは、今時の流行に乗っていないです。
なので、走行中同じ速度でも地面を這うような印象があるのでスピード感があります。
でも、乗り心地は悪くありません。


最後に買いかどうか。
走行中に室内へ入るノイズは、グレースなどと比べると全然良いです。
値段的にグレースハイブリッドEXセンシングとほぼ同格なのですが、車格的にはシビックの方が上ですね。
環境ターボ車ですのでエンジン機構がハイブリッドに比べて単純であるため、エンジンに不調があっても切り分け出来ると思います。
軽自動車を除いて、マツダのアクセラもそうですが、一昔前のターボ車の印象は全くありません。
普通の一般車と同じです。
もちろん、アクセルをベタ踏みにしたら変わると思いますが、あいにくそう言う場所がありませんでしたので…。
デジタルギミックが好きな人には、シビックは物足りないかも知れません。
センシング機能の一部を試しましたが、先日紹介したN-BOXと同様です。

インパネの液晶パネルが許せるか。
大容量トランクを生かしたいか。
上質な乗り心地をとりたいか。
電子パーキングで良いか。

これらを勘案することで、買いになるか別にするかのいずれかになるでしょう。
個人的には、グレースのようなギミックでシビックのようなトランクの広さ、乗り心地が良い車が欲しいですね!(^^)

記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (9人)
Posted by いぐぅ 05:00 | クルマ・バイク::試乗記 | comments (0) | trackback (0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://www.sir-2.net/dablg/tb.php/6160
トラックバック

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30