•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

かわにしインターフェスタに行ってきました
新名神高速道路の新芽ちゃん。
開通したら2度と歩くことが出来ない、川西インターフェスタ
新名神高速道路高槻JCT~川西IC間がいよいよ来月(部分)開通となり、そのプレイベントとして高速道路を歩けると言うことで行ってきました。


イベントページにもあるとおり、有料の気球イベントもありましたが見事に落選。
仕方なく普通のイベントに参加することにしました。
まぁ、私の中でのメインイベントはウォーキングだけどな。


まず、バイクで最寄り駅の駐輪場まで行って停めました。
そして普段無人改札に能勢電鉄の社員やイベントスタッフ、誘導係などたくさんの人がいて驚きました。
普段閑散としている駅が偉い賑わってました。

かわにしインターフェスタ01かわにしインターフェスタ02

混雑を想定していたのでしょうか、陸橋の両サイド2本に側道があるのですが、片方がシャトルバス専用、片方が徒歩専用と振り分けられていました。
しかし、殆どの人がシャトルバス専用を歩くことに(笑)
そら、最寄り会場まで20分以上となると必然とそうなる罠。


最寄り駅の駐輪場の時に気がついたのですが、普段絶対に混まない交差点がピターっと進んでいませんでした。
やはりイベントが原因か。と思ったらそのようです。

かわにしインターフェスタ03

このように陸橋から降りてくる車が延々と連なっていたのは衝撃でした。
何で渋滞しているのかというと、ここから降りてくる車は右左折することが基本です。
(直進する理由がほとんどない。)
この時の信号は横断歩道と同じですから、右左折しようにもイベント参加者の横断で出来ないんですね。
それが大渋滞(つーても1km位だが。)を引き起こしたのでした。
この地区のもう一つ国道に面する道があるのですが、そちらは渋滞の「じ」すらありませんでした。

さて、シャトルバス専用停留所に来たのですが、何とアナウンスで「1時間待ちです。」と。
「徒歩で30分程度ですので、お急ぎの方は徒歩移動で御願いします。」と言う事でした。

じゃぁ、仕方ないな。
と言う事でひたすら歩くことに。

かわにしインターフェスタ04

テクテク歩く。

かわにしインターフェスタ05

綺麗に舗装された道は歩きやすいですなぁ。
自転車専用道路もあるのですが、思った程広くなく、一応センターラインは書かれていますが、これ絶対に守らないで併走する学生が多いだろうなぁ。
と思ったのは私だけじゃないはずだ(笑)

歩くこと30分。ようやく着きました。

かわにしインターフェスタ06かわにしインターフェスタ07

入り口は料金所(笑)
ETC2基で出入り口共に2つずつです。
写真を取り損ねましたが、自動収集料金システムのようですが、これ、左ハンドル車の場合地獄を見るな…。
と思ったのは俺だけじゃ無いと思います。
まぁ、左ハンドル車でETCを付けないお前が悪い。と言う論理思考ですかね(笑)


かわにしインターフェスタ08かわにしインターフェスタ10

ゆるキャラもそこそこに揃ってました。
新名神高速道路の新芽ちゃん
大阪府のもずやん
高槻市のはにたん
猪名川町のいなぼう
兵庫県のはばたん
川西市のきんたくん

密かに期待していたイコやんはいませんでした(笑)
新芽ちゃんは、小さい子供たちに男女関係無くボコボコにされていたのが印象的です(笑)
新芽ちゃん、結構頑丈なんですね。


かわにしインターフェスタ09

イベントブースを見て回ったのですが、11時過ぎなのに食べ物屋に行列が出来るのは、何か戦時中の食糧配給制度を思わせました。
早く並ばないと無くなってしまうと言う行動心理からでしょうか。
個人的には箕面とどろみICの工事に興味があって、暫くその工事の流れを見ていました。
あそこ、箕面グリーンロードと接続しているのですが、下道から何度か見ているのですが滅茶苦茶入り組んでいて大丈夫かな?と心配しています。


かわにしインターフェスタ11

イベントブースをそこそこにして、いよいよ高速道路上をウォーキングに向かいます。
その前に、高速道路に入った時の行き先看板ですが、一つは「京都」。
伏せているところはうっすらと、「津山」「岡山」と書いてありました。
しかもクロスさせているので、行き先に注意が必要ですな。
まぁ、間違っても数百キロ先で縦断道があるのでリカバリーは可能です。


かわにしインターフェスタ12

さて、ウォーキングスタート。
人は多いですな。
しかも雨が降りそうな感じです。


かわにしインターフェスタ13かわにしインターフェスタ14

運転するとあまり気付かないのですが、歩くと結構なほどのブラインドカーブ。
右方向が全然見えません。
まぁ、一方通行なので対向車は絶対に来ませんけども…。
それと歩いていて気付くのですが、かなり斜めになっていました。
(バンクになっていた。)
やっぱりそこそこの速度で走るための設計なのでしょうね。

かわにしインターフェスタ16

橋の上はまだ未舗装のような感じです。

かわにしインターフェスタ17

京都方面を見る。
まだまだ工事の真っ最中。

かわにしインターフェスタ18

ここで雨が降ってきました。
まだスタートしてそんなに経っていないのに…(´・ω・`)ションボリ


かわにしインターフェスタ19

高速道路上からインターチェンジ入り口交差点を見る。
結構な高さを登ってきているのですが、さすが新高規格道路ですね。
全然登ってきている感じがありません。
しんどくもないんですよ。


かわにしインターフェスタ20

そして、ひたすらまた歩きます。

かわにしインターフェスタ21

こちらは清和台方面。
何か近く感じるなぁ。

かわにしインターフェスタ22かわにしインターフェスタ23

何か高速道路上を歩いていて気付いたのですが、アスファルトが妙に違和感あるんです。
言葉では説明出来ないのですが、ふと目を横にやるとまだアスファルトを舗装していくんじゃ無いかと思うくらい厚みがないのが分かります。
カラーコーンが傾くくらいですから、まだ10cmほど(ねずみ色のラインの所まで)舗装するんでしょうかね?

かわにしインターフェスタ24かわにしインターフェスタ25かわにしインターフェスタ26かわにしインターフェスタ28

歩くこと数十分。ようやくトンネルが見えてきました。
トンネルと橋桁の所は、まだ未舗装でした。


かわにしインターフェスタ27

ようやくトンネルの入り口。
当初片道4車線くらいの規格道路でしたが、猪瀬さんのお陰で2車線です。
しかも、何か狭く感じます。
ひょっとすると、この区間は100km/hが最高速度なのか…。
しかも路肩が狭くするような気がする。ちょっと残念。

かわにしインターフェスタ29かわにしインターフェスタ30かわにしインターフェスタ32かわにしインターフェスタ33

トンネルの中。
ライトは蛍光灯ですが、恐らくこれは仮設置でしょうね。
このグリーンライトは何の意味があったんだろう?
それだけが気がかりでした。

かわにしインターフェスタ31かわにしインターフェスタ34

高速道路上、特にトンネル内でまずお世話になることがない、「消化器」と「SOS電話」。
消化器はごくありふれたものでしたが、SOS電話は意外と高さが低く、俺は絶対に頭をぶつなぁ。と思いました。

かわにしインターフェスタ35

そんな事を考えているうちに、トンネル出口が見えてきました。
もうこの時は普通の雨降りでしたが、ザーザー降りでは無かったので助かりました。

かわにしインターフェスタ36かわにしインターフェスタ37

そして、折り返し地点。
その先、神戸方面を望む。
神戸方面の開通は、来年2018年3月の予定です。


かわにしインターフェスタ38かわにしインターフェスタ39かわにしインターフェスタ40

折り返し地点の高架下を望むと、あぁ、このポイントだったのか!と言う事が直ぐにわかりました。
敢えてGoogle MAPに載せません(^▽^;)
妄想して下さい。
あと、防音壁がまだ作られている途中でした。
こんな品質管理シートを見ました。
そうそう見られないものを写真に収めますヽ(;´Д`)ノ 


かわにしインターフェスタ41かわにしインターフェスタ43

そしてUターン。
再びトンネルに戻ってきたところで腰を下ろします。
こんな事出来るのは、ここだけの最初で最後です。


かわにしインターフェスタ42

戻る途中、足場解体が見られました。
かなり大掛かりですね。


かわにしインターフェスタ47

ゴール!
ようやく戻ってきました。
時間は計測していないのでどれ位かかったのか正直言って分かりません。
昼を過ぎていたことは間違いないので、イベントブースに戻って何か食べようと言う事になったのですが、殆ど売り切れてしまってました。

かわにしインターフェスタ44かわにしインターフェスタ45

帰りはバスに乗って帰ることになり、ここでも行列が…。
でも、2台続けてきたのでそれ程待たされずに乗ることが出来ました。


かわにしインターフェスタ46

3時間弱歩いてこれくらい。
まずまずの歩数でしょうか。


あいにくの天気でしたが、暑くなかったし、さすが新高規格道路と言う事もあって、明らかに上り坂なのに歩いても全然疲れないその技術は素晴らしいですね。
こうした経験はもう2度とありませんが、行って良かったです。
開通日がくれば、必ず利用しようと思いました。
来月の開通が楽しみです。
あとは、もう2度と事故が起きないことを祈りたいですね。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (8人)
Posted by いぐぅ 18:24 | 季節::秋 | comments (0) | trackback (0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://www.sir-2.net/dablg/tb.php/6099
トラックバック

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30