•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

postfix/anvil と言うワーニング
postfix/anvil[****]: statistics: max connection rate 2/60s for (submission:***.***.***.***)。
postfix/anvil[****]: statistics: max connection rate 2/60s for (submission:***.***.***.***)
postfix/anvil[****]: statistics: max connection count 2 for (submission:***.***.***.***)
postfix/anvil[****]: statistics: max cache size 1

またまた、Postfixネタです。(終末に手痛い仕打ちを受けたから今週はこのネタを続けるw)


このワーニングメッセージ、以前から気になっていたのですが、どうやったら消えるのか禅問答してました。
こちらのサイトが非常に参考になりました。
メールのエラーコードと、メールサーバのmaillog解析方法まとめ


答えは、[anvil_rate_time_unit]を0にすれば良い。
取りあえず、これで当面様子見かな。
anvil_rate_time_unit = 1s

一番最後に入れても問題ありません。
0sにすると、こんなエラーが出るので1秒にしました。
postfix/anvil[****]: fatal: invalid anvil_rate_time_unit: 0 (min 1)



記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 05:00 | システム::linux | comments (0) | trackback (0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://www.sir-2.net/dablg/tb.php/5811
トラックバック

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30