•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

固定回線と携帯回線のプラン見直し計画(シミュレーション)
副回線はXiスマホでカケホーダイプランとお一人様データプランM(5GB)。
我が家は、家電(話)がある。
固定電話ではあるが、殆ど待ち受け状態である。
フレッツ光を導入し、アナログ回線ではなくひかり電話でオプションと500円弱の無料通話込みである。

携帯電話は全部で3回線。
主回線はFOMAガラケーで基本料金が最安のメール放題プラン
副回線はXiスマホでカケホーダイプランとお一人様データプランM(5GB)
更に副回線でXi Wi-Fiルーターでデータ通信プランでお一人様データプランMをシェア

と言う環境である。
これまで、携帯電話は月々サポートの恩恵を受けて、毎月7,000円前後の支払いであった。
しかし、昨年12月にXiスマホが月々サポートが終了。
今年3月にはWi-Fiルーターの月々サポートが終了する予定である。
ただ、来月に新しくWi-Fiルーターが発売されるので、その月々サポート割を(恐らく数百円だろう)期待している。


これらの前提条件で、総合的に料金プランを見直すことにした。
まずは現状把握
現在は先にも述べた通り
【固定電話】
・フレッツ光隼
・プロバイダーはmoperaU
・ひかり電話A加入(詳細はリンク参照)
・支払はdカードゴールド(1%)
・別途フレッツポイントが1年に1度3,000ポイント貰える(3年目は6,000ポイント)
【携帯電話】
・主回線はFOMAガラケーで最安値プラン(パケット通信はほぼ0)
・副回線AはXiスマホでカケホーダイプランでデータプランM(Sだと不足する)
・副回線BはXi Wi-Fiルーターでデータ通信プランでパケットシェア

一覧表にするとこんな感じである。
現状の料金プラン
まずは、これをベースに各種ポイント付与を含めて安くなるかどうかを検討する。
フレッツポイントは毎月付与するのではなく、年間一括なので便宜上最低ポイントを12分割にしている。(6,000ポイントは3年ごとなので割愛)
また、可変する通話料やパケット通信料は、無料範囲内であったりするので省略している。月々最低この料金がかかるという試算である。


フレッツ光からドコモ光へ移行
まずは、フレッツ光から光転用でドコモ光にした場合、ひかり電話のオプションサービスをそのままに試算してみた。
ドコモ光併用プラン
トータル金額はほぼ五分五分。600円上がった分、dポイントも600ポイント弱上がる。
差引ほぼ0である。


携帯プランを完全スマホ化
しかし、移行するにはパンチ力が弱い。
そこで、セット割を使いdポイントをたくさんもらいたい。
私のFOMAガラケーを完全スマホ化と更にWi-Fiルータープラン省略するシミュレーションを立ててみた。
また、パケットプランを5GBから10GBに変更している。
これは、端末割引施策でお一人様プランの5GBでは様々な場面で不利なのである。
(そうで無ければ現状維持にするのだが。)
ドコモ光+スマホ化プラン
どうだろうか。はっきり言ってドコモ光完全移行の1.6倍に跳ね上がる。
dポイントは800ポイントしか上がらない。
ひかり電話を完全に切らないと割に合わないプランである。
スマホではなく、Xiガラケーにしても結果は同じだろう。
FOMAガラケーからXiスマホにすると1年間の割引(はじめてのスマホ割)が得られるが、今回は除外している。


現状維持に最大限の割引適用
以上のことから、ドコモ光への移行は得策ではないと言える。
やはり、NTT西日本の「光もっともっと割」がデカイのである。
これに付け加えて、NTT西日本には「グループ割」というものが存在する。
最大3人まで月々300円割引が得られる。これを適用するとどうなるかシミュレーションしてみた。
現状の料金プランに更にNTT西割引適用
こんな感じである。
当たり前ではあるが、現状より1,000円近く安くなる。
フレッツポイントは料金に左右されないのでお得感が一層増す。
しかしながら、グループ割を適用したくても周りにいないのが悲しい(苦笑)


総括
こうしてシミュレーションした結果、現状維持が一番得策のようだ。
ドコモ光へ移行しても問題ないと言えば問題ないが、フレッツポイントを失うことになる。
フレッツポイントの魅力はと言うと、1,000ポイントからiTunesカードと引き換えられることである。
だが、dポイントでも購入は可能であることが分かりました。
NTTグループだからなのでしょうかね。
けど、Google Play ギフトカードを購入する方法は、どちらもありません。


ポイントの使い道だけでなく、ドコモ光への移行に踏ん切れないのは、転用すると何らかの事情で光回線を解約する場合、固定番号を変えることが難しいと言う事ですね。
割り切って固定番号を切り捨てて、携帯のカケホーダイ1本化も有りと言えば有りなんですけどね。
このあたりは、もう暫く悩んでみようと思います。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 05:00 | システム | comments (0) | trackback (0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://www.sir-2.net/dablg/tb.php/5800
トラックバック

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31