•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

立川防災基地とか
国家公安委員会・警察庁防災業務計画の修正平成25年1月10日。
前の記事:霞が関の自家発燃料槽の増設等だった。とは言え霞が関が停電して、72時間とか168時間燃料補給も無く自家発電するようなハメに陥っているときは、実際問題として、かの地を放棄(大きな声では言えないのかな?)して夜逃げしてでも業務継続を図らにゃならん訳で、BCPにもそう書いてある。

図は下記、国交省BCPのP.34、(8)防災センターの代替措置より
内閣府、国交省の代替施設順位


最強施設とも言われる官邸が駄目なら中央合同庁舎5号館や市ヶ谷も危ないわけで、別地として立川防災施設(下記参照)となる。

内閣府の「中央省庁等の業務継続計画に関するリンク集」、ちとリンクが古いのがある
内閣官房業務継続計画、平成20年7月なんで古いかも
内閣府本府業務継続計画(平成24年12月最終改正)

国土交通省防災業務計画を改正3/18
 国交省が今年3月改訂したBCP第二版 P.34、(8)防災センターの代替措置(上図参照)で小平市の国土交通大学校へ。警察の様に関東地方整備局(さいたま新都心合同第二号館)とは書いていない。

国家公安委員会・警察庁防災業務計画の修正平成25年1月10日
国家公安委員会・警察庁防災業務計画平成25年1月
国家公安委員会・警察庁業務継続計画(首都直下地震対応)平成24年5月
緊急事態における警察庁の組織に関する訓令(平成17年4月27日警察庁訓令第6号)改正平24.5.30警庁訓8、第6条第二項で、さいたま新都心合同庁舎2号館の関東管区警察局または府中市の警察大学校

府中市・小平市から立川は数kmなんで徒歩はキツいけど車で往復できない距離では無く。

内閣府所管防災施設、立川以外に東京湾(有明の丘地区、東扇島地区)も
■立川防災合同庁舎
・内閣府 立川災害対策本部予備施設
・国土交通省 関東地方整備局甲武営繕事務所(建築・設備関係の技術者20人くらいの事務所)


wiki立川広域防災基地

(抜粋始め)
陸上自衛隊 立川駐屯地 東部方面隊 東部方面航空隊 本部 東部方面航空隊本部付隊
東部方面ヘリコプター隊
東部方面管制気象隊本部・基地隊
東部方面航空野整備隊

東部方面隊 第1師団 第1飛行隊
東部方面隊 東部方面通信群本部中隊 映像写真小隊 空中伝送班

海上保安庁 総務部 海上保安試験研究センター

農林水産省 関東農政局東京農政事務所食糧部防災倉庫課 立川政府倉庫(南関東地域広域災害用備蓄倉庫)(業務終了)

東京都 総務局総合防災部 立川地域防災センター(略称:立防)

警視庁 多摩総合庁舎 第八方面本部
交通部 第八方面交通機動隊
地域部 第八方面自動車警ら隊
刑事部 第三機動捜査隊
警備部 特殊救助隊(通称:SRT)
地域部 通信指令本部多摩指令センター

立川警察署
警備部 第四機動隊
地域部 航空隊 立川飛行センター
総合警備訓練場
機動隊総合訓練所
多摩備蓄倉庫

東京消防庁 立川防災施設 立川消防合同庁舎 第八消防方面本部
立川消防署
多摩災害救急情報センター(警防部 多摩指令室)

第八消防方面本部消防救助機動部隊(通称:ハイパーレスキュー)
装備部 航空隊 本部(旧:多摩航空センター)
第八消防方面訓練場(訓練塔・水難救助訓練施設)
立川都民防災教育センター(通称:立川防災館)

独立行政法人国立病院機構 災害医療センター(旧:国立病院東京災害医療センター)

日本赤十字社東京都支部 東京都西赤十字血液センター
災害救護倉庫
(抜粋終わり)

政府備蓄米を保管していた立川政府倉庫2010年12月28日
今は空っぽらしい


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by ばい Ackin 22:07 | 建築・公共調達など | comments (0) | trackback (0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://www.sir-2.net/dablg/tb.php/4088
トラックバック

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30