•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

そんな馬鹿な話があるのか?それがあるのだ!それは・・・

先月上旬にアカウント凍結されたTwitter。
始めは申告してメールが飛んできて、そのメールに返信をしたら配達不能のエラーメールが返ってきて、「一体どうしたらいいんや?」と考えていた。

【凍結時のメールメッセージ】
凍結宣告


【申告を受けたメールメッセージ】
申告受理メッセージ


【申告受理を確認するために返信をしたら配達不能で返ってくる】
配達不能のエラーメール


ちょっと待ってみるか。
と思って10日くらいおいていたんですけれど、待てど暮らせど回答が来ない。

【送信履歴】
送信履歴


とあるサイトで、毎日交渉していたら解除されたという情報を入手したので、それを参考に毎日問合せをフォーム上から投げて見るも返事はなし。
すると、ある日突然・・・


【もう受け付けねーよ】
問答無用の凍結


そんな馬鹿な話あるか!?
こちらから、不手際があればそのプラットフォームを解除するからそれを教えて下さいな。と伝えているのに、永久凍結に永久に停止ってなんやねん。
意味分からないわ~。と言う事で再アタックする。

【返信を書く】
再度、日本語と英語で試みる


すると、速攻で返信が来て観るも私の日本語では理解不能・・・

【もうこの問合せは終わった】
意味不明な回答


もう、ダメなのかもわからんね。
サブアカウントで細々とやるしかないか?
しかし、Twitterサポートってよくわからんわ~。
日本語で問い合わせても何も返ってこないから、英訳しておくったら永久停止。
それに関して再度問い合わせてみると、一定期間やり取りや返答が得られないから対応を終了。と。


こうなったら、ひたすら何が原因かを考える。
悪質とされるプラットフォームを定期的に利用しているとしたら、自動Botしかない。
あのサイトに登録しているBotを全て削除するしかない。
と思って、次のメールを3/14に送りました。
畏れ入ります。
1ヶ月以上回答が得られないのは、既に当該アカウントを永久凍結処分という判断から、
回答をしないと言うことでしょうか。
こちらとしましては、悪質とされるプラットフォームがわからないため、そのプラットフォームからの削除を
行いたいと考えているのですが、解除をしていただかないことにはそのプラットフォームにログインすることが出来ません。
凍結解除後、速やかに解除を行いますのでよろしくお願いいたします。



それでも、返事が来ないので翌々日3/16に次のメールを送る。
すみません、前回の返信から数日経っていますが、一向に回答が送られてきません。
もしかして、日本国内において法的手続きを行わないと回答するいわれはないと言うことでしょうか。
何かしらの回答をいただきたいです。
よろしくお願いいたします。



それでも返事は来ない・・・
仕方ないので、ダメもとで自動Botサイトへアクションを行ったところ、ログインすることが出来た!
あれ?と思って、取りあえずサクサクと削除処理を行った。その上で次の返信を送った。
一時的な解除でしょうか、ありがとうございます。
無事にログインすることが出来て、botを全て削除することが出来ました。
これで、自動的な呟きがないはずです。ご確認の上、改めて凍結解除へのご検討をお願いいたします。



ところが、それ以前に解除出来ていた模様・・・



早速仲間内にバレた(笑)
3/17に解除へとなり、これでやっと色んな事がつぶやけます。

凍結原因が、一部界隈でマシュマロが原因とありますが、私は違うと思いますね。
自動Botが原因じゃないかと考えています。
確かに、マシュマロも速攻で凍結されましたが、数日で解除されました。
私は自動Botで1日あたり、8ツイートほどしています。
殆どが定期的な案内ですが。
これが使えないとなると、個人的には辛いですね。


それにしても、何の返事も寄越さないTwitter社サポートチームへの不信だけが高まりました。
何か一言メールで返信があっても良いと思うのになぁ。
それすら出来ないなんて・・・


「もし凍結解除されなかったら法的根拠を行うつもりはあるのか?」
と聞かれると、

「Yes.」
と答えますね。
知り合いの弁護士さんがいますのでそこに相談をして、金を払ってでもやりますよ。
200人程度のフォロワーだろうが、6万超えのTweetだからとか関係ありません。
Twitter社のサポートについてきちんと対応していないことに、私は心底是正してもらいたいと願っているからです。
結果的に、相談するまでもなく自然解決出来て終わったので良かったのですが。


そんなたかが無料プラットフォームに・・・と思いますが、ここで知り合った人は金には変えられないほど多いんですよ。
そこは、多分価値観の違いでしょうし、サブアカウントで1からやり直すというのもありかもしれません。
でも、バレたらまた凍結されてしまいますので、そういうのはあまりよろしくないかと思います。
サブアカウントは、非常用手段として持っておくことが大事であると、今回の件でよく分かりました。


これにTwitter Blueを取得する事にますます抵抗がありますね。
一時期考えていましたが、今回の凍結騒ぎでまともにサポートが機能しないことに疑念を持ったので、無料アカウントの間までいいやと考えに至った次第です。
有料会員になれば手厚くサポートして貰えるなら、ちょっとは考えますけれど・・・


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (42人)
Posted by いぐぅ 18:00 | インターネット | comments (0) | trackback (0)
葬送のフリーレン(10)




2023年03月16日発売
2023年03月02日注文
2023年03月17日読了

黄金郷での戦いが主な展開となるだろう、待ちに待った第10巻。
発売日のその日の夜(深夜ではない)に読もうと思ったら、Kindleの電池が切れて3ページほどしか読めなかった(笑)
すんげーモヤモヤしたけれども、読み始めるとグイグイと引き込まれていく。

しかし、ここでは直接対決ではなくマハトの過去の回顧録を前半に描かれている。
他の魔族とは違って戦いをあまり好まず、人類との共存を模索する変わった魔族。
自分がどうすれば人間の言葉を理解するのか、模索をするが結局のところ理解出来なかった。
その理解を確かめるために、ある行動を始めたところで・・・
なるほど、そういう話に納得。そして、伏線もしっかりと回収しており、多分、次巻が最終決戦と新たな旅立ちを描かれるのだろう。
2023年秋にアニメ放送開始か。楽しみだな~。


お奨め度:★★★★★


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (36人)
Posted by いぐぅ 06:00 | アニメ・コミック | comments (0) | trackback (0)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30