•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

邪教と1ヶ月と国葬

私が指す邪教とは、
こちらの10箇条のどれか一つでも当てはまる
です。


色んな邪教がありますが、10箇条が当てはまるものはどれも私には受け入れられません。
今回もそれが引き金となって、凄惨な事件が起きてしまいました。
どうして、文化庁は揉め事が多発している宗教を放置しているのか不思議でなりません。
憲法や各種法律で保障されているとは言え、度重なる問題が発生している邪教については、「指導」「注意」「警告」「法人格取消」と言った処分を行うべきでしょう。


邪教を隠れ蓑にした「オウム真理教」なんかは、その最たる代表例でしょう。
国家転覆を起こさないと取消にならないのなら、それは文化庁の怠慢と言わざるを得ません。
働く職員に対して邪教が多いのであれば、一斉に電子化してしまえば良いだけです。
あとは、運転免許証みたいに減点制にして0点になったら宗教法人格取消にするのです。
それを、当時の大臣が政治的判断したとか、当時の官僚が反対していたとか、そんなところを蒸し返したって1mmたりとも前に進みません。


しかし、邪教はあらゆる法をすり抜けるスペシャリストが揃っていますから、なかなか手が付けられないんでしょうね。
平成初期だったか忘れましたが、高い壺や置物を買わされる事案が結構多発(社会問題にもなっていた)していました。
あの時の邪教もまだ生き残っていますからね。
日本では宗教同士の対立と言うものが目立って有りませんが、世界では戦争になる位ですから、本当に宗教信仰というのは怖いものです。


この問題に声を上げる政治家はもちろん、論客もSNS上ではあまり見られませんね。
やはり、タブー視されているのでしょうか。
臭いものには蓋なんですかね。
もう、中は蠱毒状態になっているんでしょうね。


何事にもほどほどが一番です。


それを含めて、9/27に国葬が閣議決定されて執り行うようですね。
相変わらず野盗は、世間知らズのアベノセイダーズのようなコメントばかりで反吐が出ます。
世界各国の首脳が弔問したいという声を無視するんですか?
そう言う声が聞こえないのですか?
聞こえないフリをしているんですか?
維新の会の松井代表もインタビューで答えてましたよね?
世界が見えていないんですかね。
説明も何も、世界中から弔問に訪れたいと言っているのに、その警備や要人警護を税金から拠出するのは普通じゃ無いでしょうかね。
まだ、国民民主党の玉木代表の方が現実的な意見である。


安倍元首相が在任中世界各国に訪問外交した時でも、その国が警備に当たっていましたよね。
それは、日本の税金から警備に充てさせたのですかね?
なんかおかしくありませんか?
世界各国からの要人の弔問を拒否するなんて言ったら、超恥ずかしいですよ。
プーチンロシア大統領が日本に弔問に来るとは思いませんが、もし来るとなれば大歓迎ですよ。


と私はそう思います。


続き▽ 記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (4人)
Posted by いぐぅ 18:00 | ざれごと | comments (0) | trackback (0)
会社の福利厚生は一生続かない事を肝に銘じること

採用拡大へ、社員「共有」など工夫さまざま 福利厚生拡充も

基本給が上げにくい(上げると会社も相応の負担が増える)ので、福利厚生に力を入れる会社は避けた方が良いです。
私も会社勤めしていますが、入社して数年後名前を変え合併をしたりして、一時期充実しているのでは?と思ったのですが、その後相次ぐ改悪ですっかり魅力を失いました。


例えば住宅手当。
初期は無かったのですが、賃貸住宅手当がその分充実していました。(単身関西圏が5万円の首都圏が8万円だったかなぁ?)
その後、持ち家制度に移行して3万円/月15年間と言う、親父曰く「滅茶苦茶良いな!」と言う制度でした。
それが、会社合併で切り替わってしまい、利子補給制度になりました。
(今の金利では会社負担ゼロ。)
そして、賃貸住宅手当が45歳で打ち切りとなり、近々それが更に10歳下がり35歳で打ち切ろうとしているのです。
確かに持ち家を一括で購入出来る人はごくごく僅かでしょうから、30年とか35年ローンになるのでその年代で打ち切るのは自然かも知れません。


しかし、今の大学生の殆どは奨学金という名のローンを背負っているのです。
20代に貯蓄したくても基本給は安いし、昔は青天井だった残業代も最大80時間まで。
しかも、45時間を年間数回超えるとNGとなり、なかなか奨学金ローンを返しながらの貯蓄なんて難しいと思います。


持ち家の頭金は1割でも変えますが、その分ローンが重くのしかかります。
最低でも2割は用意しておきたいところです。
しかも、住宅建築費も上がっているから、かなり厳しい時代です。


これはあくまでも住宅手当の話をしましたが、こうして簡単にコストカットしやすい部分なのです。
それ以外にもうちの会社ではよく分からないポイント制度があって、「はたして誰がこんなポイントを利用しているのだろうか?」と疑問が残ります。
そのよく分からないポイントは、1万ポイントとかなら分かるのですが、100とか1000とかみみっちいんですよ。
なので、今福利厚生が充実している会社でも、未来永劫続くとは限りません。
会社の業績が悪くなれば、都合良くカットしていきます。


給与制度だってそうです。
単純にカットすることはなかなか難しいのですが、あの手この手で給与の組み替えを行って見た目上変わって無くても、その後十数年間全く上がらないなんて事もザラです。
むしろ下がっていて、実際ボーナス計算を色んな手当から外しまくって、年間40~60万円くらい減りました。


30年前に右肩上がりの成長はとっくに終わっており、今は右肩下がりの時代です。
人口減少も拍車がかかって、優秀な人材獲得に向けて会社も必死ですが、就活生の皆さん、福利厚生ばかりに目を奪われることなく、大事な部分=お金がどの位なのかをしっかりと精査しておきましょう。
また、一部の会社では残業代や深夜手当込みといった管理職のような扱いを受けるブラック企業もありますので、「おぉ!基本給が高い!」なんて目先を奪われないようにしましょう。


続き▽ 記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ニュース | comments (0) | trackback (0)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31