•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

ショート動画を否定しませんが・・・

もうね、最近のSNSで気付いたんですけど、TikTokが爆発的にヒットしているからか、TwitterFacebookYouTubeもショート動画専用のリールばっかり(多分、インスタもそうだろう。見ていないけど。)。
PCのブラウザで見ると、Twitterは早々に撤退してくれたけど、Facebookの「ストーリーズ」と「リール」が出てきて「節操ないな~。」と思っていたら、YouTubeまでもが「ショート」として出してきたもんだから、動画投稿サイトに「矜持」ってものはないのか?とガッカリしました。


まさか・・・と思って、ニコニコ動画を見てみると、安定していました(笑)


私は、興味のある動画しか見ないので、こうしたショート動画について殆ど見ない(全く見ないわけではない。釣られたり、まとめサイトて視聴してしまうことがある。)のですが、動画配信サイトでショート動画ってどうよ?としばしば考えてしまいます。
一緒くたにすると、見つけられないからわざわざ作ったのかな?
そのショート動画も、広告収入とか有るんですかね。
知らんけど。


ただ、動画配信を主な収入源としている人からすると、こうしたショート動画もやっていかないと生き残れないんですかね。
民間企業で言えば事業拡大。
そして、事業拡大の波に乗り遅れた配信主は、次第に淘汰されていくと。。。


ただ、どのプラットフォームでもショート動画を作れば良いというのはどうかなぁ。と思ったりします。
バズ(流行)る事になれば、簡単に転載したり、TV局が勝手に編集(という名のパクる)して無断で流したりしそうですね。


嫌悪感を持つ人は、見なければ良いだけの話です。
視聴するのは、貴方自身ですから。


余談ですが、私はTilTokを避けています。
まぁ、知れば知るほど恐ろしいアプリで有ることが分かります。
それを知らない若者達が可哀想です。


あ。
そうした人を救済するために、既存プラットフォーマーがやっているのか。
そう考えると少しだけ納得します。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (10人)
Posted by いぐぅ 06:00 | インターネット | comments (0) | trackback (0)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31