•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

第62回日本南画院展が今年開催されるが・・・

絵画に疎く、ロクに絵も描けず、粘土での創作物も作れない美術センスゼロと言っても過言ではない私ですが、過去数回、中学3年生時の担任から招待はがきが届いて、行けるときに行ってました。


日本南画院展に行って来ました  -- 2017-05-28 Sunday
ブログで検索するとこの1回だけですが、大阪展でも見に行った記憶があるので、少なくとも2回は観に行ってます。
そして昨年、日曜日に行こうとしていたのですが、武漢ウイルスのお陰で最終日に行く予定が繰上終了となってしまいました。

第61回日本南画院展が見られなかった・・・  -- 2021-04-26 Monday


本当に悔しい思いでいっぱいでした。
これほど、風邪ごときにウイルスで施設を閉鎖するとは・・・
担任の先生も当番で前日の土曜日に出られていたので、余計に後悔だけが残りました。


そして、今年こそはと言う事で、3月からサイトをチェック(笑)
資格試験と日がぶつからないかなぁ。と心配していたのですが、なんと・・・


第62回 日本南画院展



ぶつかるどころか全然余裕の日程になっていました。

第62回日本南画院展

気になったのは大阪展の会場。
宝塚市民芸術文化センターだと?
それって、もう大阪展ではなくて宝塚展と言うのでは?(笑)


京都展へいくよりも宝塚展の方が滅茶苦茶近いのは言うまでもない。
でも、担任の先生と会える確率が高いのは絶対に京都展!
だから、京都展に行く!
土曜日に!この日の予定に歯医者を入れないようにしておこう。
そして、気になったら宝塚大阪展でも見に行こう。


気がかりなのは、またマンボウを出すかどうかなんですよね。
今はちょうど過渡期みたいなもので、周期的になんか京都展あたりから感染者のピークが来そうな気がするんですよ。
それで、ビビって全国のアホ痴痔達が(オノレの保身のためだけに)国にマンボウを陽性要請するんじゃないかと。
頼むから、数が増えてもこうした活動を止めるようなことはしないでくれぇ。。。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (7人)
Posted by いぐぅ 06:00 | 季節::春 | comments (0) | trackback (0)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31