•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

しまった!と後悔しないために・・・

私も時々やっちゃうので、もし役に立てたら・・・
自動口座引落・・・残高不足で落ちませんでした。


これ、過去に何度かやらかしました。
特にクレジットカードでね。
それを反省して、ある方法を思い出したんですよ。
ある方法とは・・・


それは、遥か昔ですが私が成人を迎えたときに祖父からお祝いとして20万円をいただいたんですよ。
直接私へ手渡しだったので、祖父が他界してから数十年後に両親に言ったら驚いていました。
なんで黙っていたのかというと、両親に取り上げられてしまうからなんですね(笑)
でも、すぐに使う予定も無かったので、高校時代にコッソリ作っていた郵貯口座に定額貯金として入れました。


普通の定額貯金ではなく、「担保定額貯金」と言う普通口座貯金で万一残高不足になったとき、20万円の定額貯金を担保として自動的に貸してくれるシステム。なんです。
間違っていたら突っ込んでチョウラィ!щ(゚▽゚щ)


でね、実際これをやっていて大正解だったんですよ。
大学3年生の時に軽く事故っちゃいましてね。
原チャリが大破して修理費用がかかったんですよ。
それで、郵貯から修理代金を払って何年間かずっとマイナスが続いていたんです。
もしも、普通通帳の定額貯金だったら面倒な解約手続きをして払う羽目になっていたのですが、担保定額貯金だったので救われたんですよ。
それから、大学の保険やらにバイトで稼いで完済しました。


結婚するまでは、残高不足による引落に失敗することはなかったのですが、クレジットカードの利用額が増えていくのと同時に、給与収入が頭打ちになって資産運用に陰りが出始めたときです。
始めてドコモカードで残高引き落としに失敗したんですよ。
計算間違いで。
そのときは、慌てて定期預金を解約して指定日まで振り込むことで、事無きことを得たのですが、数年後にまた失敗するの繰り返し・・・
で、思い出したんですよ。


担保定期預金ってやつを。
取りあえず、引落でマイナスになっても大丈夫な金額分を担保定期預金に組み込みました。
それも、つい数年前の話なんですけどね。
でも、何度か計算ミスによってマイナスになる発動がありましたが、担保定期預金で救われました。
担保定期預金サイコー!


普段、金銭感覚がまともな人ほど、うっかりミスをしてしまいます。
なので、担保定額貯金、担保定期預金をしておくことをお薦めします。
どのくらいしておけば良いかは、それぞれの家庭で異なると思いますが、メインバンクなら給与収入の半分くらいはしておいたらベターじゃないでしょうか。
支出をきちんと把握しているのであれば、その2倍の金額を入れておけば良いと思います。


あまり、何度も引落に失敗すると、貴方の信用に傷が付きます。
いわゆるブラックリストってヤツですね。
以前、私がこう言う記事を書きましたが、ここに傷が付くと各種ローンや新規クレジットカードの申込や、スマホの分割払いが出来なくなります。

私の信用情報を取り寄せてみた  -- 2021-04-22 Thursday

信用って大事ですからね。
なので、万一に備えて担保を用意しておきましょう。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (6人)
Posted by いぐぅ 06:00 | マネー | comments (0) | trackback (0)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31