•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

中古スマホはある程度割り切りが必要
例えば「みんなのスマホ」での米アップルのスマートフォン「iPhone(アイフォーン)8」の平均中古販売価格は3年12月3日時点で2万円と、新品の半額以下だ。
中古スマホ販売数が過去最高に 安価で良品が後押し


以前にも書いたけれど、中古スマホは割り切りが必要であることを知って欲しい。
まず、OSを提供しているAppleとGoogleは、毎年バージョンアップを行っている。
しかし、そのライセンスを受けているGoogke系Android開発メーカーは、長くても2年くらいである。
Google本家が発売しているPixel X系は限界まで提供しているけれど、正直言って3年くらいで使い物にならない。


パソコンとは違うので、メモリの追加とかCPU交換と言ったことは出来ない。
(まぁ、最近のパソコンも日進月歩でハードウェアの互換性が失われているが・・・)
長く使おうと思うなら、最高スペックを買っておくことがベター。
しかし、最高スペックは必ずしも高価格ではない。
それは、以前AppleのiPhone SE2で証明してくれた。


メモリやカスタムROMのデバイスが高速であれば、CPUがそこそこでも充分使える。(と思う)
実際、AQUOS R2 Compactは、AQUOS SENSE 5Gよりも使い勝手が良い。
Pokemon GOを立ち上げるときは、AQUOS SENSE 5GよりもAQUOS R2 Compactの方が断然速い。
この差は一体どこから・・・と思いたくなるほど。
AQUOS R2 Compactは中古で購入したのですが、24,800円。
AQUOS SENSE 5Gはポイントとクーポン使って0円でしたが、実際の御値段は39,600円。
正直、5Gエリアなのに恩恵を受けていないし、R2 Compactでも充分の速度を出してくれる。
R2 Compactのネックは電池の容量だけで、そこを割り切れば充分かな。
テザリングも、11acが可能で867Mbpsと高速である。
AQUOS SENSE 5Gは、11ac可能だけどその半分の433Mbps・・・
まぁ、スマホにそれ以上の速度を求めてないけどね。


なので、中古スマホを買うときは2年前の最高スペックかその2番目を選ぶと良いかな。
どんなにメモリを搭載していても、CPUとコントローラーとメモリのバス速度が遅かったら全く意味ないからね。
Androidは、その辺の見極めが非常に難しいので、自信の無い人はiPhone SE2がお薦めです。
5Gの恩恵を受けるなら、中古のiPhone 12ですね。
iPhone 11でも良いかも知れません。


続き▽ 記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (8人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ハードウェア::スマートホン周辺機器 | comments (0) | trackback (0)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31