•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

PHPの2つのワーニングメッセージ
昨年末に大規模な嫌がらせを受けた際、OSやミドルウェアのバージョンアップをして、PHPでワーニングメッセージでチェックしたのがこの2つ。
昨年末に大規模な嫌がらせを受けた際、OSやミドルウェアのバージョンアップをして、PHPでワーニングメッセージでチェックしたのがこの2つ。
this will throw an Error in a future version of PHP
count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in

1つ目は、バージョン7.2から出ていたそうな。
と言う事は、かなり放置していた。
最初、何のことかサッパリわからなかったけど、そこはDuckDuck先生。
PHPのバージョンが上がる毎に、より変数の扱い方が厳格になってきたとのこと。
なので、シングルクォーテーション「'」をその変数に付けることで回避することが出来た。

2つ目も、厳格化されてきた模様。
これまでCount関数でnullで返してきても、「0」で扱ってきたけども「もうダメよ。」と言うことらしい。
これを回避するには、次の方法で一行追加。
if (is_countable(変数)) {

これでなんとか突破した。
しかし、この2つのワーニングメッセージ以外にも気になるメッセージがバンバン出てきたので、3連休中にやり遂げておこうと思います。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (3人)
Posted by いぐぅ 06:00 | システム::linux | comments (0) | trackback (0)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31