•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと
男の私からしても、やっぱり衣食住+貯金くらいの稼ぎがないと、いざという時の逃げ道が八方塞がりになっているもんなぁ。



カテゴリーがないので「ショッピング」にしました。
随分と前から気になっていた本でして、2月27日に購入しました。
男なのに、これを読む価値があるのか?
ちょっと、そう言う葛藤もありましたが、とにかく購入して読み始めました。


実は、まだ全部読み終えていない(第4章まで)のですが、実に的を射る内容で、思春期の女の子には絶対に読むべきだと私は思いました。
手に職を付けないと生き残れない時代。
男に養ってもらおう。なんてのは、たいていろくな男じゃない事が多いでしょうし、そう言う時代は昭和で終わってました。


男の私からしても、やっぱり衣食住+貯金くらいの稼ぎがないと、いざという時の逃げ道が八方塞がりになっているもんなぁ。
その保険として稼ぐ力を持っておかないと、どうすることもできない。
著者が書いているように、ズルズルと引きずってしまうか、子供に八つ当たりをするのだろう。
世の中、西原氏のようにうまく生きていけなくても、10代、20代にしっかりと稼ぐ力を付けていれば、どんなピンチが来てもかわすことが出来るのじゃないかな?
これは、女の子だけじゃなく男の子も同じ事が言える。
男の子の場合は、若いうちにチヤホヤされることはないけれど、1人で生きていくなら稼ぐ力を付けておくべきだ。
そこは、共通しているんじゃないかなあ。

と、まだ全部読み終えてないけど、途中まで読んだ感想です。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (5人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ショッピング | comments (0) | trackback (0)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30