•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

AQUOS SENSE 5G ファースト・インプレッション(★情報更新)
高速読み出しは、ROMのメモリスピードだけだったのか。
今月初め、2月5日に先行発売のカラーを選択し、2月7日に届き、1日がかりで移行作業を終えてから10日ほどのファースト・インプレッションを書きたいと思います。


まずは、歴代AQUOSシリーズを並べてみることにした。
左から「AQUOS SENSE 5G」「AQUOS R2 Compact」「AQUOS SENSE 3」「AQUOS SENSE 2」である。

歴代AQUOSシリーズ



見ての通り、R2 Compactは非常に小さい。
中古のSIMロック解除ものを購入したが後悔していない。
それはさておき、AQUOS SENSE 5Gの外観や重さを見てみる。


AQUOS SENSE 3よりも1mm広くなっただけで、画面が物凄く広くなった。
決して、R2 Compactで見慣れているからではなく、AQUOS SENSE 3でもそこそこ広いなぁ。と感じていた以上に広く感じる。
パンチホールによって画面上部に表示されるアイコンが上に追いやられたからだと思う。
不満はないがもう少し高解像度ディスプレイであって欲しかったかな。

それから、Android11になったからなのか、画面下部のソフトウェアキーが3つに復活した。
これまで中央の●を上にスワイプしないとタスク状態が分からなかったんだけど、右に■が出てきてくれたお陰で使いやすくなった。


重さは、やっぱり若干重くなった気がする。
気がするだけじゃなく、実際に数g重くなっているんだけど、まぁ、あまり気になるレベルではないだろう。


さて、私がAQUOS SENSE 3で不満だったアプリの起動速度について、AQUOS SENSE 5Gでどれほど解消されているか気になる。

AQUOS SENSE 5Gスペック一部


こう言うのも大々的に謳ってますからね。
R2 Compactのように滑らかに起動するのだろうか。
実際、Pokemon GOで毎朝電車の中で試してみた。


正直なことを言うと、全くの期待外れであった。
スタートの起動はまぁ、ごく普通なんだけど一つ一つの処理に引っかかりを感じる。
例えばフレンドにギフトを贈るとき、1秒くらい考え込んでから表示される。
そして、ニックネーム変更でS-Shoinが起動するのだけど、これも数秒考えてから起動表示される。
これは、AQUOS SENSE 3の動きには全くなかったことである。
そしてタップ入力スピードが全然追いついていない。
タップしても表示までにタイムラグやムラがあるのだ。
この入力にかなりイライラさせられる。
大阪方面の快速電車でだいたい1駅半くらいでフレンドギフトを贈り終えるんだけど、2駅着くか過ぎたところでまだ終わらないのが現状。
高速読み出しは、ROMのメモリスピードだけだったのか。
RAMのメモリスピードも改善されると思っていたのだが、改善されるどころか改悪である。
値段相応の機能を使っていると言われるとそれまでなのだが、正直言ってあの表記に期待しているとガッカリする。


それと、ドコモメールのきせかえテーマ、ドコモメール公式キャラ「めるみちゃん」が使えなくなった。
所定フォルダに入れても認識してくれなくなった。
これもかなりガッカリである。
情報更新(2021/02/19 updated)



どうやら、OSバージョンの問題だったようです。
使えるようになって、かなり嬉しいですね(^^)


ガッカリなのはそれだけであって、それ以外について良いところを書いておくことにしよう。
まず、「スグアプ」という機能がある。
これは、「スグ電」の機能アップ版?で、スマホを1回シェイクすると、アプリが自動で立ち上がる。
2回シェイクすると、設定された別のアプリが立ち上がる。と言う仕様である。
これは、非常に便利である。よく使うアプリを登録しておけば、最大2つまでのアプリがシェイクするだけで自動起動する。
出来れば3つまでにして欲しかったんだけど、それは贅沢と言うべきか。


Android11には、画面分割機能が存在する。
こちらは使うことないが、YouTubeを見ながら、Twitterをすると言った芸当が出来るみたいだ。
たぶん、やらないだろうけど(笑)


あと、Pokemon GOやトロとパズルなどのゲームアプリを起動すると「スクリーンレコーダー機能」と言うのがある。
実況とか残しておきたいシーンがあるなら、これを使うと良いだろう。
試しに、今年5月にサービスが終了する「トロとパズル」で試してみた。




プレイ中もたつくようなことはなかったですね。
これは面白い機能かもしれませんが、たぶん、頻繁に使わないと思います(^^ゞ
(現時点ではね。)


あと、電池の保ちが想定通りと言いますか、AQUOS SENSE 3よりも容量が増えたのに保ちが悪いです。
そんなに使い込んでいるわけでもないし、5Gエリアではないにもかかわらず、AQUOS SENSE 3と同じ使い方で1日使うと50%台にまで落ちてしまうことがあります。
毎日充電しないとちょっと不安になりますね。


速度の方ですが、自宅付近の4Gエリアで測定すると、だいたい100Mbps~130Mbpsで落ち着きます。
まぁ、これまでよりは若干速いのですが、正直40Mbpsを超えるとスマホの内部処理能力の差だと思うので、5Gエリアで2Gbpsの速度が出たとしても特に驚きはしないでしょう。
余談ですが、アップロードは10Mbpsにも満たしません。
こちらは、もうちょっと、せめて40Mbpsくらいの速度が欲しいところですね。


今回、料金プランを5Gギガプランにしました。
どうせ、1ヶ月半後に5Gギガプレミアにする予定なのですが、この1ヶ月半はガンガンデータ通信を使いまくってみようと思います。
今週末、5Gエリアに行くことがあるので、その時に速度を計測してみようと思います。
(通勤時も5Gエリアを通りますが、立ち止まることはないのでね。)


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (11人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ハードウェア::スマートホン周辺機器 | comments (0) | trackback (0)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28