•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

そんなボランティアは、選手にとって迷惑です
と言うか、コロナノイジーマイノリティのお陰でオリンピックはやれるのでしょうかね。
森会長発言、ボランティア辞退続出に担当者「驚き」


この記事を読んだとき、トップの発言でボランティアを辞めるなんて、それはボランティアとは言わないと思います。
真のボランティアとは、トップの発言に左右されず、自らの意志で懸命に選手や来訪者へサポートする人のことを言います。
(勿論、指揮命令系統は大事ですが。)
言われてやらされて、とか、トップがアレだからとかは、ボランティアと言いません。動員(良く言って補助員)です。
恐らく、メディアの印象操作が強いのですが、14件の辞退で続出という表現はいかがなものか。
これが、1000件や10000件なら、「それは♪⌒ヽ(*゚O゚)ノ スゴイッ!!!人数の辞退だな。大変な事態だな。」と思えるのですが、せいぜい100~200人くらいでしょ。
辞退してもらっても問題ないと思います。
どうせ、都内の大学や高校から学徒動員で補充されるのでしょうから。
それに、開催される頃には浮かれて森元首相の発言が忘れさらている頃でしょう。


もともと、森元首相の発言は、森元首相自身が女性蔑視する発言をしたのではなく、委員の誰かが発言したことを代弁したに過ぎません。
(アカヒ新聞の全文を読むとね。)
 森会長の女性理事についての発言は以下の通り。

 これはテレビがあるからやりにくいんだが。女性理事を選ぶというのは、日本は文科省がうるさくいうんですよね。

 だけど、女性がたくさん入っている理事会は、理事会の会議は時間がかかります。これは、ラグビー協会、今までの倍時間がかかる。女性がなんと10人くらいいるのか? 5人いるのか? 女性っていうのは競争意識が強い。誰か1人が手をあげていうと、自分もいわなきゃいけないと思うんでしょうね。それでみんな発言されるんです。

 結局、あんまりいうと、新聞に書かれますけど、悪口言った、とかなりますけど、女性を必ずしも数を増やしていく場合は、発言の時間をある程度、規制をしていかないとなかなか終わらないで困るといっておられた。だれが言ったとは言わないが。そんなこともあります。

 私どもの組織委員会にも女性は何人いたっけ? 7人くらいか。7人くらいおりますが、みんなわきまえておられて。みんな競技団体からのご出身であり、国際的に大きな場所を踏んでおられる方々ばかりです。ですから、お話もシュッとして、的を射た、そういう我々は非常に役立っておりますが。次は女性を選ぼうと、そういうわけであります。
この赤字の下線をよく読んで欲しいのですが、森元首相自身が言ったのではありません。言ったとしたら日本語がおかしい事になりませんかね。
それをマスメディアが切り貼りして、総バッシングしているんですよね。
私なりの解釈をすれば、委員の中で誰かが女性が多くなると発言が多くなり会議の時間が長くなるので困る。と読めるのですが、私の読み違いでしょうかね。


しかし、メディアの印象操作でボランティアを辞退した人達(抗議電話も含む)は、森元首相が女性蔑視した!オリンピック憲章に反する!とヒステリックになっただけだろう。と思います。
そんなトップ発言で右往左往するのなら、現場で献身的にされているボランティアに迷惑なので辞退してもらって正解だと思います。

と言うか、コロナノイジーマイノリティのお陰でオリンピックはやれるのでしょうかね。
私は、どちらでも構いませんが。(興味が失せている。)


続き▽ 記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (5人)
Posted by いぐぅ 06:00 | スポーツ | comments (0) | trackback (0)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31