•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

ぐぐれカス
そう言うときは、ダブルクォーテーションを使います。
ネットスラングの一つですが、ぐぐれカス(ggrks=gugure kasu)と言うのがあります。
過去にそう言う記事を書いた記憶があったのですが、探せど見つかりませんでした。
なので、改めて書きたいと思います。
それは、知りたいことをGoogleの検索窓に入力して、虫眼鏡をクリックするのです。
すると、ぶわぁっと出てきます。
Google検索は、結構進化していまして、だいたい90%くらい信頼のおけないサイトは、検索結果上位に出てきません。
昔は、検索先をクリックすると広告だらけのサイトだったり、偽情報だったり、フィッシングサイトだったりしたのですが、そうしたサイトはかなり減りました。


色々な検索サイトがありますけれど、私は殆どGoogleの検索で済ませています。
ただ、Googleの検索結果も時々「?」な時があります。
例えば、キーワードを含めているのに、含めないモノを検索結果として上位に上がってくるのです。
そう言うときは、ダブルクォーテーションを使います。
こうすることで、検索結果をかなり絞り込みます。
あまり長い検索キーワードをダブルクォーテーションで囲むと、見つかりませんでした。と言う結果になります。
それは、検索キーワードがあまりにも斬新すぎるからで、もうちょっと緩くしてやると出てきます。


逆に検索キーワードが少なすぎて、期待した結果が得られないケースもあります。
例えば、セイコーのクルージングマスターの説明書を探したいとき、「クルージングマスター」だけでは、オークションサイトや中古販売店がいっぱいでてくるんです。
そう言うときは、半角スペース(全角スペースも半角スペースとして認識するようです。)を使って、「セイコー クルージングマスター 説明書」とやれば99%検索上位に出てきます。
かなりマイナーなモノも、検索上位に上がってきます。
他にもApache2のエラーログから気になるワードを検索すると、どういうエラーなの素人さん風の玄人が教えてくれます。
100%信じるかどうかは別としても、かなり有益な情報が多いです。


なので、検索すればどこにでも転がっているようなことをネットで聞くと、「ggrks!」と言われることがあるんです。
私だって、見ず知らずの人から言われたことがありましたよ。
なので、もしもそう言うキーワードを受けてしまったら、検索してみましょう。
たいていのことは、見つかると思いますよ。
えぇ。



記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | インターネット | comments (0) | trackback (0)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31