•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

(無線)ルーターは定期的に買い替える物・・・か
最近の通信規格は、11axなのですが、実家が契約しているブロードバンドの速度は100Mbpsなので、最新の通信規格は必要ありません。
TCP 23番ポートへのアクセスが増加、ルーターなどIoT機器を狙った攻撃に注意~ダークネット観測レポート

先週末、気になった記事から一つ。
私も、だいたい5~6年に1回くらいのペースでメインルーターを買い換えています。
その理由は、


・24時間365日連続稼働によるハードウェア劣化からの故障の懸念
・無線LAN新規格の対応
・メーカーのファームウェア提供が最終日から2年以上経過


サブで使っている無線LANアクセスポイントも、本来なら買い換えるべきなのですが、あくまでもサブ機扱いなので、積極的な買い替えは行いません。
まぁ、そこに脆弱性が生まれてくる訳なのですが、そうならないようにパスワードを類推出来ないものにしたり、付与するIPアドレスを定期的に収集してチェックを行っています。


と言うわけで、そろそろ実家の無線LAN親機を買い換える時期に来ています。
いかんせん、通信規格が11n止まりなので必然です。
最近の通信規格は、11axなのですが、実家が契約しているブロードバンドの速度は100Mbpsなので、最新の通信規格は必要ありません。
まぁ、11acの安いAtermがベターじゃないかなぁ。と思っています。






先日、Amazonでのタイムセールをやっていたのですが、必ずと言って良いほどAterm系は安売りをしません。
やっぱり、分かっているんですよね。
他のメーカーと比べて安定品質が、かなり違うと言う事を。



記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ニュース | comments (0) | trackback (0)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31