•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

雨降って地固まる
職員に対する「火つけてこい!」の録音データが去年1月、突然表に出て日本中から袋だたきにあい、市長を辞職した。
暴言市長報道から一転。
今の政策評価をするのは次の選挙だけど、明石市民は住んで良かったと思える街になりそうですね。

迅速に「困っている市民に手を差し伸べる」。注目を集める明石市“暴言”市長のコロナ対策

現在の明石市市長の泉氏は、市民目線による様々な施策を矢継ぎ早に実行している。
メディアに取り上げられやすいのは、やはりあの暴言発言があってからのこと。
あれが無ければ、以降の辞任からの再出馬、2019年統一地方選挙の無投票勝利、そして、養育費の立て替えなど、口だけの政治家とは全然違う。
責任を取るところではしっかりと取り、やれるところは迅速且つ速やかに行動に移す。

これこそが、政治手腕と言われるのではないだろうか。

今回の新型コロナ対策で、各都道府県知事の手腕が大きくクローズアップれているけれど、同じ関西で大阪府知事の働きと、この明石市長の働きも同列に語っても良いのではないか。
うちは、NHK神戸放送局のニュースをたびたび見るんだけど、時々明石市の政策が報道されるときは、その殆どが子育て世帯向けである。


こうした成果が、子育て世代や若者の流入により人口増加へと結び、地価も上昇しているという。

明石の住宅地、子育て施策で若い世帯の転入増 地価上昇けん引

災害非常時でも安心して暮らせる町ではないだろうか。
財源はどこから捻出しているのか気になるが、子育てを投資としてやっているのなら、とても良いビジネスモデルじゃ無いかな。
老人ばかり優遇しても、消費は細るし税収は増えない。
そして、税金や社会保険料を払う働く世代は逃げていく。
これでは悪循環である。


明石市の泉房穂市長は、後世に名を残す名物市長、名士になるのでは無いだろうか。
私はそんな気がしてならない。


この人の政歴をみると、民主党に属していたんですってね。
小泉郵政選挙で落選し、その間に社会福祉士の資格を取り、そして、明石市長選に出馬して現在に至る。
同じ民主党に名古屋市長の河村たかし市長もいた。
民主党に数少ない逸材が、こうして市町村において活躍されているのは、非常に勿体ない気もするが、現状なんでも反対野党第一党となっているのでは、地元で活躍された方が市民にとって百万倍良いか。

これからも、ますますの市民のための政治に尽力することを祈念します。


続き▽ 記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (3人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ざれごと | comments (0) | trackback (0)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30