•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

特別定額給付金の電子申請にチャレンジ!
③PCの場合、PASORIを接続してマイナンバーカードを載せた状態にし、しつこいくらいに「特別定額給付金」にチェックを入れて、「次へすすむ」をクリックします。
昨日から開始しました。
特別定額給付金。
銀行口座とマイナンバーカードを持っていると、速いところで昨日からマイナポータルで申請が出来るようになっていました。
うちの市ももれなく該当。


ザックリとPCで画面を追っていきたいと思います。
※尚、個人情報に関する部分は伏せさせていただきます。

マイナポータルの入り口

ここに行くと、トップに「特別定額給付金の申請」がデカデカと掲載されており、「申請はこちら」をクリックします。


①地域を選びます。7ケタの郵便番号が一番手っ取り早いですね。
検索方法は最初に「特別定額給付金」と太く書かれているので、そこをチェックして、「この条件で探す」をクリックします。

マイナポータル01


②再び、「特別定額給付金」にチェックを入れて、「申請する」をクリックします。

マイナポータル02
マイナポータル03


③PCの場合、PASORIを接続してマイナンバーカードを載せた状態にし、しつこいくらいに「特別定額給付金」にチェックを入れて、「次へすすむ」をクリックします。

マイナポータル04


④STEP4に全てチェックを入れて、「次へすすむ」をクリックします。

マイナポータル05


⑤確実に届くメールアドレスと、電話番号を記入して、「次へすすむ」をクリックします。

マイナポータル06


⑥「マイナンバーカードを読み取り」をクリックします。すると、ポップアップが出てきて暗証番号を入力します。
すると、ある程度「必須」とされている項目に自動反映されます。
そして、電話番号を入力して「次へすすむ」をクリックします。

マイナポータル07


⑦給付対象者2以降に、世帯主との同居人を記載します。
ここで、ウソを書いてもバレるので、止めた方が得策です。
下の方に、受取講座情報があります。ゆうちょ銀行以外の口座番号と、ゆうちょ銀行専用口座番号のどちらかを選択します。
両方入力しても、きっとエラーで突き返されるでしょう。
全て入力を終えたら、「次へすすむ」をクリックします。

マイナポータル08


⑧入力内容を確認して、「次へすすむ」をクリックします。

マイナポータル09


⑨添付書類の登録で、振込口座の確認書類をアップロードします。
私は、通帳をスキャンしてアップロードしましたが、明確に口座番号が分かるものであれば、写真撮影をしても良いでしょう。
アップロードを終えたら「次へすすむ」をクリックします。

マイナポータル10


⑩写しに問題が無ければ、「以上を確認・同意し、次へ」をクリックします。

マイナポータル11


⑪「電子署名を付与する」をクリックすると、別ウインドウが開きます。
再びマイナンバーカードが読み込まれ、電子署名の付与で6~16ケタの暗証番号を入力します。

マイナポータル12


⑫暗証番号に間違いが無ければ、最後に「送信する」をクリックします。

マイナポータル13


⑬お疲れさまでした。送信完了と出てきて終わりです。
控えをダウンロードしたり、登録アドレスに送信して証拠を残しておきましょう。

マイナポータル14


以上で終わりです。

電子申請に入るまでは時間がかかりましたが、入ってからは10分くらいで終わりました。
うちの市では、最速で2週間後の15日に振り込まれるようです。
やっぱり電子申請でも手作業でチェックをするのでしょうかね。
知らんけど。

マイナポータルでやっと、それらしい電子申請が出来て良かったです。
今まで、どんな申請をするにしても人を介した手続きでしたからね。
こう言う電子サービスが、どんどん普及してくれることを願いたいですね。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (4人)
Posted by いぐぅ 06:00 | インターネット | comments (0) | trackback (0)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30