•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

wena wrist pro セカンド・インプレッション
つまり、スマートフォンとwena wrist proがほぼニコイチでいた状態だった。
前回の記事から2週間経過しての感想です。

wena wrist pro ファースト・インプレッション  -- 2020-01-07 Tuesday


いや、なんでこんな短期間にインプレッションを書くのかというと、最初のインプレッションは冬休み中に経験したこと。
つまり、スマートフォンとwena wrist proがほぼニコイチでいた状態だった。
そして、仕事が始まった1/6から2週間経過して気付いたことを書き記しておこう。


まずその前に、wena wrist proの設定は、次の通り。

【通知設定】
・電話
・COCORO HOME
・Gmail
・iDアプリ
・Google Pay
・Google Fit
・LINE
・Messenger Lite
・Twitter

【Bluetooth接続設定】
Androidを探し続ける

【ディスプレイ設定】
自動表示オフ時間 00:00~06:00

【おやすみ時設定】
オフ
睡眠のトラッキング 22:00~08:00
通知拒否 00:00~06:30

【バイブ設定】


【接続切断時通知】
オフ

にした状態で、昨年12月末購入時にしている。
仕事は基本デスクワークで、スマホとはニコイチの状態である。
通知が来るのはGmailくらいだ。
トイレに行くときと、飲み物を買うときだけスマホと離れる。
家に帰れば、スマホは基本自室。
リビングや寝室には持ち込まないようにしている。
スマホとのリンクは、しょっちゅう切れるので探しまくっている。


だからかこの条件で、電池の保ちは3~4日で残り10%台にまで落ちてくる。
ちょっと、これはいただけない。
と言う事で、スマホとのリンクが外れたら探し続けないことに設定を変えてみました。
それ以外は、そのまんまの設定で。
必要なときにリンクさせたらいいや。と言う事で、どれだけ電池が保つか実験してみました。


1/13朝に満充電でスタート。
1/19 21時時点で残り8%。

wena wrist pro 残りバッテリー


この方法で良いんじゃね?
1週間は保ちますな。


それはそうと、先週の連休の時に、電池の切れた時計が1本合ったので、電池交換をしてもらうついでにベルトを外してもらいました。
外してもらったのは、初代オシアナスとクルージングマスターの2本。
ベルトを外すだけなら無料と言う事でちょっと嬉しかったり。
電池交換もPayPayでお支払い。キャッシュレスは嬉しい。

と言う事で、外してもらった。
ベルトを外した時計達


何とも形容しがたい。

クルージングマスター


こちらは、セイコーのクルージングマスター。
7年前にオーバーホールをしてもらいました。

時計のメンテナンス  -- 2012-04-18 Wednesday

定期的な電池交換は必須です。
今回、この時計の電池交換をしてもらいました。税込みで1,650円。

オシアナス


こちらは、カシオの初代オシアナス。
こちらも、もう16年近く前になりますね。

かなり親切。だけど…  -- 2004-12-07 Tuesday


この時計の電池交換、未だに1度もしたことがありません。
過去に1度だけ、ずっと引き出しにしまっていたが為に、完全に放電してしまったことがあったのですけど、出窓のところに半日おいていたら見事に復活しました。
さすが、ソーラーパネル!
カシオ!(^^)

こうしてベルトを外して気付いたのですが、クルージングマスターの方はROLEXと同じラグ幅が20mm。
と言う事で、バンドの付け替えはクルージングマスターに決定。

バンド付け替え


気分によって、時計を取り替えるというのは、wena wrist proにして良かったかな。
と思えますね。




ただ、スマホとニコイチじゃないと効果が半減するところが勿体ないところですかね。
これは、オンとオフを切り換える。と言う意味かな。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (4人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ハードウェア::スマートホン周辺機器 | comments (0) | trackback (0)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30